シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 25話感想 卑劣なウルフアンデットに怒りのダブルライダーキック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ブラックファングにスリップストリームを仕掛ける一般レーサーと、

ブレイドとギャレンのダブルライダーキックと見どころ多い回でした。

ただ、虎太郎とみゆきのやり取りも割と好き。

序盤の虎太郎の達観した人格が背景も説明もなく唐突に描写されて戸惑いましたが、

ここまで戦いが進んでもその姿勢にブレがないことを感じさせて、ようやく感情移入できます。

「それでいいじゃない。100回人を裏切ったヤツより、100回人に裏切られて馬鹿を見た人間の方が、僕は好きだな」by 虎太郎。

実際は、一回裏切られたら、かなり心折られるんだけどね。

今まで誰かを裏切ってきたのは、恐らくないんじゃないかなと思いたいけど。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

25「裏切りの疾走」

放送日:2004年7月18日

監督:佐藤 建光

脚本:會川 昇

剣崎と橘の夢のマシン ブラックファングは、ウルフアンデットに騙され、パワーアップの利用に使われる。

何故か途中でバイクレースに乱入し、レースをぶち壊し、ブラックファングの攻略方法まで見つけ出すきっかけになるw

ていうか、この一般レーサーは誰だったんだろ?ww

ブラックファングをスリップストリームで攻略し、ブレイドとギャレンのダブルライダーキックが炸裂!

全体的にもバイクアクションを含めて戦闘シーンに力が入ってました!

激アツ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク