シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 23話感想 相川始はカリスではない?!そして上級アンデット次々登場!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

カリスとイーグルアンデットとの約束に、

期せずして割り込むことになる相川始=ジョーカー。

何となく生まれた因縁だったのに、あっさり2話で退場してしまうイーグルさんに…

この回は、そもそも相川始=カリスではないのか?

では、どういう存在なのだ!

という謎解き要素と今後の展開の伏線も散りばめられている面白い話。

仮面ライダーレンゲルもようやくライダーとして確立されつつある…のかな。

この辺りはアンデット中心のストーリーに、裏の主人公ジョーカーの存在が見え隠れして、目まぐるしいのでなかなかスリリングですね。

…辛味噌って。。。

ヨドミソゥって聞こえるんだけど、、、

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

23「お前は誰だ?」

放送日:2004年7月4日

監督:諸田 敏

脚本:會川 昇

イーグルアンデットに対し、ブレイドとカリスの連携、からのライトニングソニック!

剣崎と始の距離もかなり近くなり、始がどんどんおしゃべりに。

そして、関西弁をしゃべり…ゴフン、ゴフン。

スポンサードリンク
スポンサードリンク