シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

キン肉マン第320話感想 レオパルドン発射〜!0.9秒の壁の向こう側に勝利は見えるのか?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

無事に更新されましたねー

色々話題になったレオパルドンですが、

今話ついに活躍しました!

秒殺超人からはなんとか脱出しました。

次でやられそうですが、彼の生き様は見せてもらいました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

キン肉マン第320話 0.9秒の向こう側!!の巻

@前話までのあらすじ
ついに幕をあけた超人vs超神(ちょうしん)! 全超人の存亡を懸けた大決戦!
最初に神々と対峙したのはキン肉マン ビッグボディ。強力チームの仲間であるキャンボーラー、ゴーレムマン、ペンチマンの3人が加勢したものの、ランペイジマンに一蹴されてしまう。するとランペイジマンは強力の神が持っているはずのカピラリアの欠片(ピース)の情報をかけて、リングでの一騎打ちをビッグボディに持ちかける。
またとない好機に、満身創痍の体をおして決闘を受けようとしたその時、満を持してレオパルドンが参戦。かつての汚名を雪ぐべく、リングイン――――!!

@

立ち向かってきたレオパルドンに、パニッシュメントエングレイバーで攻撃するランペイジマン。

それを交わし、遂に瞬殺超人から脱する!

延髄斬り炸裂ーー!!

左手の砲弾で迎撃!

ランペイジマンにダメージを与えていくぅ。

リング上に0.9秒以上立っていれたことに歓喜するレオパルドン。

ただ、冷静に考えるとちょっと情けないぞ。

勝ちにいくための算段をしてからリングに上がってほしいかな。

ほんとにこれじゃあただの時間稼ぎだわ。

ランペイジマンの猛攻を受けるもビックボディの激励に気持ちを奮い立たせ、左手を破壊されながらも主砲をセット!

最大必殺技がランペイジマンに炸裂だーー!

@ランペイジマンの手痛い仕返しか…

レオパルドン大活躍回でしたねー!

ただほとんど飛び道具が攻撃技。

大味過ぎて超人レスリングを味わえないなあ。

レオパルドンに湧き上がる民意はわかるけど、さすがにもう少し試合で魅せて欲しいなぁとも感じますね。

レオパルドンはやりれるでしょうが、

このままビックボディが出ていってもやられそうなので、

ピースを1つ奪われた!

ってことで、次に進みそうかな。

次回も刮目して見ましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク