シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

NJPW G1 CLIMAX 27 静岡・アクトシティ浜松大会  棚橋石井戦は天井知らずのハイスパートレスリングに!さぁ両国決戦だ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

バディファイト Presents G1 CLIMAX 27 静岡・アクトシティ浜松大会

を新日本プロレスワールドで観戦しましたー

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@棚橋石井戦は天井知らずのハイスパートレスリングに!さぁ両国決戦だ!



第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

永田 裕志    -  ザック・セイバーJr.
(1勝7敗=2点)  (4勝4敗=8点)
15分08秒  バックドロップホールド

チェック:

永田選手、激勝ーーー!

ついに白星ゲットしましたね。

ザック選手、取りこぼしというかここぞ!ってところで勝ちきれませんね。

畳み掛けられると打たれ弱さが露呈してしまう。。。

残念。。。

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

飯伏 幸太    -  YOSHI-HASHI
(5勝3敗=10点)  (2勝6敗=4点)
14分28秒  カミゴェ→片エビ固め

チェック:

何気に注目の一戦でしたが、飯伏選手が完勝しました。

YOSHI選手、テクニシャンであるという称号をミラノさんからつけられてましたが、確かに随所で光るものを見せましたね!

あとはカルマを徹底的に研究されて決められないのが課題ですね。

ほんとプロレスは難しいですわ。。。

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

後藤 洋央紀   -   バッドラック・ファレ
(4勝4敗=8点)   (5勝3敗=10点)
9分34秒  グラネード→片エビ固め

チェック:

そう、ファレ選手は冷静に戦えば、後藤選手にすら完勝出来るんですよ!!

レスリングの幅も広がってますし、今年の下半期は爆発するような予感。

いっそのこと、BC内分裂でケニー選手のUS王者取ってしまうのはどうだろうか?

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

真壁 刀義    -  内藤 哲也
(3勝5敗=6点) (6勝2敗=12点)
11分31秒  デスティーノ→片エビ固め

チェック:

順当な勝利といっても過言じゃないですね〜

ストラテジーもスタミナも格付けも内藤選手が上回ってますが、

真壁選手は諦めない!ことにかけてはまだ上回っているかもなので、

秋のシリーズでリベンジの機会をもぎ取って欲しいです!

第10試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

棚橋 弘至    -  石井 智宏
(6勝2敗=12点) (4勝4敗=8点)
23分30秒  ハイフライフロー→片エビ固め

チェック:

凄まじい試合でした!!!

まさに死合なり。
試合後にしばらく両者大の字で、

棚橋選手のエアギターをする余力もない状態ってのはほんと記憶にないです。

石井選手も最初は拒否したものの若手の肩を借りて退場してました。
内容は素晴らしい展開です。

序盤:

短期決着を視野に入れたハイスパート展開。

都度相手を挑発しながらペースの探り合い。

中盤:

棚橋選手の鬼の足責めが決まり出す。

このままで徹底するのはビッグマッチ仕様ですね。

石井選手は追い込まれながら反撃するが、いつもの棚橋選手ペースに。
終盤:

なんと、石井選手は足責めにチェンジ。

しかも、

ドラゴンスクリュー→低空ドロップキック→変形の裏アキレス腱固め→サソリ固め

と引き出しを開ける、開ける。

まさか長州力のサソリ固めを出すとは感涙!

さらに雪崩式ブレーンバスター on トップロープと長州殺法を駆使する。

それにしても2人とも足が地面につけないほど痛めているのに、攻めに転じた時はほとんど感じさせない動きをするんですよ。
惜しみ無い技の応酬の末、

ハイフライアタック→ハイフライフロー

棚橋選手の勝利!
もう一度いいますが死闘、死合でした!!
棚橋選手は石井選手とやる時はさらにプロレス偏差値を10ぐらい上げて戦うんですねぇ。

なんかあるんですね、スイッチが。
とにかく、熱戦を繰り広げた2人の超人に惜しみ無い賞賛を送ります。。。
NewImage

スポンサードリンク
スポンサードリンク