シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

NJPW G1 CLIMAX 27 鹿児島アリーナ カミゴェで神越えか!飯伏の進化が止まらねぇ〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

バディファイト Presents G1 CLIMAX 27 鹿児島アリーナ大会

を新日本プロレスワールドで観戦しましたー

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@カミゴェで神越えか!飯伏の進化が止まらねぇ〜



第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

YOSHI-HASHI – バッドラック・ファレ
(2勝4敗=4点)(3勝3敗=6点)
10分21秒  首固め

チェック:

YOSHI選手、勝利!

形はどうあれ勝ちは勝ち。リーグ戦は勝てばいいんだからいいんです。

真価は次戦ですね。

連勝なるか〜

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

真壁 刀義   -   ザック・セイバーJr.
(3勝3敗=6点)   (4勝2敗=8点)
9分30秒  変型膝固め

チェック:

ファンタスティック!!

まさか真壁選手がギブアップするとは!!
理詰めの足殺しには美しさすら感じます。

8/4の松山での内藤戦が山場ですね。

うわー楽しみダァ!

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

永田 裕志   -   石井 智宏
(0勝6敗=0点) (4勝2敗=8点)
13分51秒  垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
チェック:

永田選手、6連敗で脱落してしまいました。

コンディションは良いわ、試合内容は良いわ、なんですが勝てないです。

G1最後って言った発言が、相手選手に発奮ようさになってるような気がするんですがね〜

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

後藤 洋央紀   -   内藤 哲也
(3勝3敗=6点)  (4勝2敗=8点)
13分30秒  デスティーノ→片エビ固め

チェック:

内藤選手、激勝!

因縁の対決でしたが、星は譲りませんね。

解説のミラノさんも言ってましたが、

ディスティーノの入り方のバリエーションの多さに比べて、GTRの入り方がワンパターンであるというのは納得。

というかもっと勝ち方のバリエーションを見せればいいのに。後藤式とかでさ。

第10試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦

棚橋 弘至    -  飯伏 幸太
(4勝2敗=8点) (3勝3敗=6点)
20分40秒  カミゴェ→片エビ固め

チェック:

飯伏選手、激勝〜〜〜!!!

最後は両手を掴んで顔面へのニーアタック、

その名も「カミゴエ」。

・・・飯伏選手らしいネーミング。

内容はメインイベントとして申し分なかったですね。

もちろん棚橋選手が、完全にコントロールして空間を支配してました。

棚橋選手のプロレスで本気に勝ちに行く時の徹底した足殺しを軸にし、「ヒール」として観客を乗せながら飯伏選手を追い込んで行く流れは、まさに「神」。

棚橋選手のプロレス見るとほんとその奥深さを常々勉強させられます。
ただ、計算外だったのは、飯伏選手の驚異的なスタミナと回復力、発想力でしょうか。

まあプロレス空間を創るという部分はもう少しといったところですが、逆にいうとそこにまだ伸びしろがあるという恐ろしい存在です。
そしてついにモノにした新しいフィニッシャー「カミゴエ」。

確かに公式戦でも試し斬りしてましたが、

まさか棚橋戦で3カウント取れるまで昇華してるとは。

ほんとケニー戦の絵がを確実に頭の中で出来上がってるんでしょうね!

まだ予備動作が読まれやすいから、そこをどうバリエーションつけていくかでしょうか。

NewImage

これでAブロックは勝ち点8に4人、勝ち点6に4人と混戦になってきました。

ほんとここから一戦一戦でどんどん入れ替わっていくでしょうから、最後の最後までファイナリストは読めないっすね!
やはり自分はザック選手に残って欲しいし、その実力はあると思ってます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク