シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

キン肉マン第319話感想 次鋒レオパルドンいきまーす!次回極めし0.9秒の世界を体感せよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

まさかの、

令和2年のTwitterトレンドワードに、

「レオパルドン」

の文字が載る日が来るとは…

なぜか、「レオパルドン」とともに「サンバルカン」も載ってるし。

令和…ですよね?

2020年…ですよね?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

キン肉マン第319話 強力の鉄砲玉!!の巻

@前話までのあらすじ
かつてのザ・マン同様、不退転の決意をもって下天した神々は、中国・西安(シーアン)近郊の始皇帝陵に降り立つ。
そして満身創痍の身体をおしていち早く現場に急行したビッグボディの前には、元”戒律の神”の超神(ちょうしん)・ランペイジマンが立ちふさがる!
すると、兵馬俑(へいばよう)の中から突如、キャノン・ボーラー、ゴーレムマン、ペンチマン……かつての強力(ビッグボディ)チームの仲間が現れ、ランペイジマンに襲いかかる。しかし、ランペイジマンは3人がかりをものともせず、ゴーレムマンらを一蹴! 超神としての格の違いを見せつけたーー!!

@

超神ランペイジマンの前に瞬殺されてしまった強力チーム!

狙いは、もちろん、ビックボディが受け取ったであろうカピラリアの欠片。

しらばっくれるビックボディに、カマをかけてあっさり見破るランペイジマン。

ちょ、ちょろいぞ、ビックボディ!

圧倒的有利な立場ながら、超人レスリングにて勝負を持ちかける超神。

どちらかというと実体のならし運転が目的のようですね。

神といえど、実体を持つというのはそれでけ刺激的ということなのかな。

不死は引き継がれるので、そもそも神と超人の差は生み出したもの、生み出されたものの差かな。。。

かなり不利な条件なのに、千載一遇のチャンスだと思い込まされているビックボディ。

無罪放免を実行するわけないよね。この人たちそもそも全ての超人を滅ぼそうとしているし。

自分のコンディションから、戦いを躊躇するビックボディ。

そこに名乗り出てきたのは、あの強力チーム次鋒………

レオパルドンだーーーーー!!!

なぜ、なぜ、時間差で飛び出てきたのよ。

さっき皆んなで出てくれば、、、

兵馬俑にいたなら、仲間達を見殺しにして、相手の戦力を見定めていたということ?

軍人超人らしいが…

チームリーダーのビックボディ同様、

レオパルドンもあの日の屈辱を胸にこれまで生きてきたことに。

譲れない想いが、場所が、この男には…ある。

「迷惑をかけたのは私なんです!」

懇願する、あの日の…
「私にもう一度、ご指示をください」

リングを挟んで、温度差が大きくなる。

ランペイジマンには全く興味がないやり取り…

ビックボディと日本国民は固唾を飲んで見守る。。。

仲間を想う心優しきリーダーはこう指示する。

「つぎ、次鋒でろ!」

あの日と同じセリフを今また叫ぶビックボディ!

もちろん団体戦ではありませんよ…

「次鋒レオパルドンいきます!!」

このセリフと打ち抜きページに何人の肉ファンが涙したか…

@相手はマンモスマンの数倍強いぞ…

サンバルカンのOPを聴きながら出勤し、

レオパルドンの記事を書く令和の8月最終日…

もう、わけわからん。

予想はしてましたが、

いざレオパルドンの雄姿を見ると震えましたね。

当然、超神に勝てるとは到底思えませんが、

勝ち負けを超えた何かを期待せずにはいられないです。

ランペイジマンの強さは前週でわかりましたし、ビックボディは満身創痍なので勝つのはかなり難しいと言わざるを得ない中で、

明らかに捨て石になるであろうレオパルドンに何故か期待してしまうのは、ゆでたまご先生のマジックですね。

次週はどうなる?

下手したら扉絵で瞬殺されているかも、

いや、登場すらなく、リングの傍に転がっているかも…

とにかくワクワクの次回を首を長くして待ちましょう!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク