シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

爆竜戦隊アバレンジャー 第22話感想 アバレキラーの卑劣な作戦に絶望感が…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ!@Chikafujiです。

おいおい、シリアスどころかめちゃくちゃ鬱展開じゃないっすか!

コメント欄で凄い脅されてましたけど、

確かに…

次回、どうなるの、これ?!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第22話「娘たちのアバレ歌」

放送日:2003年7月27日

脚本:荒川 稔久

監督:坂本 太郎

@ストーリー感想

仲代先生、とんでもない悪でした。

キラーオーで暴れ、出てきたアバレンオーをあしらいながら、バキケロとディメノを捕縛。

爆弾を3日後に仕掛けて人質にし、そこを守らせるバリアの解除はトリノイドを倒すこと。

エヴォリアンに直接交渉しトリノイドを作らせ、プリプリンセスシスターズに子供に悪影響を及ばす歌を流行らせ、さらに飲むと凶暴化する飲料水も売り出し、世の中を大混乱に。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク