シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ディケイドの集大成であるオールライダー対大ショッカーを観ましたー

改めて観るのは10年以上ぶりなんですが、

めちゃくちゃ面白かった!!

当時は、ライダー出すぎ!

とか

設定がわけわからん!

とか

ライダーの声がオリキャスじゃない

とか

ちっさいところでなんか乗れなかったんですが…

ほんと特撮脳が未熟でした。。。

もう細かいことはどーでも良いんだよ!

だいたいわかればいい〜んだから。

ディケイド達のピンチに、1号達がサイクロンで助けに来るシーンとか、

息子と「うおぉー」と叫んじゃいましたし!

HEROのHEROたるカッコ良さが凝縮した作品だと改めて感じました。。。

劇場版 「仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」

公開日:2009年8月8日

監督:金田 治

脚本:米村 正二

この映画ディケイドの出自が明らかになります。

なんと、大ショッカーの首領だった!

という衝撃の事実。

ディケイドやディエンドのライダーシステムも仮面ライダーを抹殺するために大ショッカーが開発したらしい。

大ショッカー恐るべし!

ライダーを複写するだけでなく、武器にしちゃう仕組みを実現させちゃうんだから、スケールが違い過ぎます。

であれば、世界の破壊者と言われても仕方ないですよ、士君!

ディケイドの能力は、ライダーの世界そのものも世界観も設定も全部壊しちゃってるからさ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク