シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーディケイド 第17話感想 「いつでも帰れる場所がある。 だから、俺は離れていられるんだ。」 「それがあんたたちの絆か…」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

カブト編完結しましたー

男は誰にも声が届かない孤独なクロックアップの世界から、家族を守り続けている。

そして、おばあちゃんには何も伝えることはない。

おばあちゃんは全てを知っているから。

いつでも戻れる場所があるから、

どんなに離れていても繋がっていられるのだ。

門矢司の写真は、

そんな家族の絆を表している構図で、

つい表情が緩んでしまいます。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第17話「おばあちゃん味の道

放送日:2009年5月17日

監督:田村 直己

脚本:古怒田 健志

いやぁー3回目を観てみると、

結構、胸にくるものがありました。

妹のマユはワームでした…

が、ただそれだけのこと。

「どうして私を守ってくれるの?

私は…」

「お前は俺の妹だ。

そして、俺はお前の?」

「…お、おにいちゃん。。。」

「大切な真実はそれだけだ」

「これからもお前を守る!」

涙腺崩壊っすぅ。。。

クロックアップ攻略法:ディエンド版

正確な連射と超スピードの速射砲で動きを止める。

ただ、ワームならともかくカブトには見切られてしまい…

マユはワームでした!

これは本編ともリンクしてました。

ワームの擬態が本人そのものの人格として生きていく。。。

仮面ライダーカブトにおいて、根幹となる壮大なテーマです。

はっきり言って正解はわからない、、、

でも、家族は家族。

だから守る。

それだけ。

「いつでも帰れる場所がある。

だから、俺は離れていられるんだ。」

「それがあんたたちの絆か…」

感想とかいらないです。

セリフを追っていけば、

自ずと語られます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク