シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーアギト 50話感想 それでも生きる!アギトは人間の可能性であるならば、目覚めよう、その魂。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

最終回目前の話。

実に興味深い。

どうなる?どうなる?みたいな、絶望感は薄いけど、

ここまで50話分積み上げてきた集大成として、

津上翔一として、

沢木哲也として、

アギトとして、

「生きていく」

と宣言したことに鳥肌が立ちました。

…正直言葉で表す語彙力がなくて。。。

新型コロナや有名人の突然の自殺とか、暗い話題が少なからず日々の心に影を落とす中、

複雑な人間関係と、「アギトの力」という異形を持ってしまった津上翔一(沢木哲也)は、それでも「生き続ける」答えに辿り着いたことに敬意を払いたいと感じます。

目の前の小さな幸せの為に、

泥臭く生にしがみつく、

それで満足を覚え、明日を迎える。

それでいいじゃないか。

そんなことを教えてもらえたようで。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

50「今、戦う時」

放送日:2002年1月20日

監督:長石 多可男

脚本:井上 敏樹

アンノウンをアギトから守る。

北条透の正義でG3-Xを纏い、アギトに立ちはだかる。

当時はただの拗らせ屋だと一笑に付しましたが、多様な価値観を持つ人が多数いて立ち塞がる様は現実も同じで…

何より厳しい現実を突きつけられるのが、葦原涼。

心を許せる人が目の前でその命を散らした時、、、

怒りと哀しさと、自暴自棄と…

打ちのめされた彼は、

再び深く水の底に落ちていく…

カナはアギトの力に目覚め始め、その受け止めきれない現実に、自らの命を絶とうとする。

それを繋ぎ止めようとする津上翔一(沢木哲也)だが、カナが姉 雪菜をオーバーラップし、また同じことが繰り返される。

手が離れる刹那、沢木哲也(津上翔一)が手を掴み、雪菜では叶わなかった「それでも手を離さない」という願いを叶え、2人でカナを救い出す。

このシーンが仮面ライダーアギトの大きなメッセージの1つですね。

過去に背負った十字架を、1度死に神の使徒として使命を与えられても、抵抗し、奔走し、悩み苦しみながら、ようやくその手は助けたい人に届き、彼自身も救われる。

思えば、沢木哲也(津上翔一)の贖罪でもあるこの物語の答えを見届けることが出来ました。

自分もアギトでありながら、

「生き続ける」

ことを示す津上翔一。

答えを、正解を、救いを、

その全てが叶わなくても、

明日を生きる。

そんな希望を抱かせるのが、

小沢澄子が言っていた

「アギトは人間の可能性」

なのかも知れない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク