シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダージオウ EP26感想 静かな怒りを持ちゲイツリバイブ爆誕!「お前が未来を予知しても、俺はその先へ行く!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ジオウを倒すことへの迷いと、

その甘さがツクヨミの死(確定ではない)を招いたことで、

強い後悔と強い覚悟を持って決意し、

ゲイツリバイブへ!

ここの盛り上げ方がゾクゾクしましたー!

特にゲイツの心情を事細かに描写するカットは、ほんと秀逸でしたね。

ゲイツリバイブウォッチが起動したい理由を白ウォズに看破され、失望したと言われ、

ツクヨミには、落胆とともにホッとしたように

「変身できなかったんだ…」

と言われ、

それでもソウゴへの(もう既に)友情(だと思う)を捨て切れず、

悩み葛藤する様が苦しかったです。

10年前のバス事故を確認しに行ったツクヨミを追い、その様子を目撃。

ツクヨミが「ソウゴ」と叫びながら、

銃のトリガーを引いた時、

バスは無常にも爆発する。

ツクヨミの死(確定ではない)と、ソウゴのワードにゲイツは深い悲しみと怒り、後悔の念に。

そして、ジオウⅡ対アナザージオウとの闘いに割って入り、

「ジオウを倒すのはオレの使命だ!」

とゲイツリバイブへ遂に変身!!

いやぁーこの流れがほんと熱いですよ!

この殻を破るというカタルシスはほんと描写の積み重ねなんだなぁと強く感じますね。

人は本当に大事なものを失った時に、

「気付く」

というか

「覚醒する」

というのは哀しいことでもありますが…

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

EP26「ゲイツリバイブ!2019」

放送日:2019年3月10日

監督:諸田 敏
脚本:下山 健人

ジオウⅡはアナザージオウの攻撃にはめっぽう弱いと判明!

「お前が未来を予知しても、俺はその先へ行く!」

スポンサードリンク
スポンサードリンク