シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 8話感想 橘、お前がそうなったのは私の責任だ!だが私は謝らない!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

きましたー!

名言、名シーンが出てきました!

もう無茶苦茶だぞ。

今話にて、

①1万年前にこの星の支配者を決めるバトルロワイヤルがあったこと。

②人間の祖先がそれに勝ったことでこの星の支配者になったこと。

③封印された他のアンデットは烏丸所長達の手で蘇ってしまったこと。

が明かされました。

壮大な話だけど、

余計なことをする!

とも思いましたが。。。

何にせよ、動き出した水車はもう止まらない。

地球の覇権をかけた戦いが静かに幕を開けていたのでした。

烏丸さんの名言が何度も頭をよぎりますね。

「橘、お前がそうなったのは私の責任だ!だが私は謝らない!

お前が必ず恐怖を克服して戦いに還ってきてくれると信じてるからだ!」

いやいや投げっぱなしやないかい!

そこまで言い切れる人間力(?)!

見習いたい(白目)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

08「甦った者たち」

放送日:2004年3月14日

監督:諸田 敏

脚本:今井 詔二

♠5+6=ライトニングブラスト!
ブレイドの技で象徴的な技なのでお気に入り!

烏丸名言、名シーンです!

どんな心境なんだよ、烏丸さん…

とりあえず目が合えば殺し合う2人。

ひかれ合う2人なんですが、

15年後も変わらないとは恐れ入る!

同級生の小夜子との日常を受け入れたいと思いつつ、現れるアンデットを見過ごせない。

橘さん、ここで自然と行動ができていれば、更なる悲劇を回避できたのに…

スポンサードリンク
スポンサードリンク