シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

キン肉マン第317話感想 下天した神々を超神という!尖兵は戒律の神ランペイジマン現る!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

とうとうこの日が来ました!

新章、再開!!

しかも、週刊プレイボーイでの紙連載も開始という快挙!!!

スゲエ!

また毎週月曜の楽しみが復活して良かったです。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

キン肉マン第317話 神々、来襲!!の巻

@前話までのあらすじ
神々の争いに端を発した一連の騒動も、ザ・マンとオメガの民の間で歴史的和解がなされ、さらにキン肉マンたちとも友情で結ばれることで、
全ての黒幕=調和の神との決戦に向け一致団結!
そんな中、ザ・マンはカピラリア七光線を照射するための欠片(ピース)を狙い、そう遠くない未来に神々が地球に大侵攻をかけてくると予言!
だが、ザ・マンの予言を遥かに上回る早さで神々が襲来!束の間の休息も許されず、超人の存亡をかけた一大決戦の幕が上がろうとしていた―――!!!

@神々が下天して超神へ

激闘の息つく間もなく、

調和の神々が下天してきてしまうという鬼展開!

理があればこちらの都合など構わずに攻め込んでくるとザ・マンは言う。

確かに貴方が攻め込んで来た時もそうでした。。。

神々が降り立つ場所は中国。

激闘を終え、満身創痍であるビックボディが駆けつける。

手始めとして剛力の神のピースを狙ってきているとのこと。

確かに全体的に傷ついているの中でも手薄であるビックボディをついてくるのは合理的。

何故か秦の始皇帝の兵馬俑に佇む調和の神々御一行。

初対面の神にも口汚く罵るビックボディ!

ウォイー、流石だな。

調和の神らしき人物が語る。

が、本物かはわからないよね、ゆで先生だもん。

案外、邪悪神を擁護するビックボディ。

邪悪って何だっけ?って思っちゃいますが。

超人への信頼は薄く、まだ認めていないとのこと。

ゆえに最後の審判を行うとのこと。

調和の神々が下した結論は、

神と超人の共存の道はない!

とのこと。

絵面はカッコいい!

…ですが、その僕の翼竜は何でしょうか?

神のペット?乗り物?

天上界は神以外にも生物が存在するということ?

下天を経た神は、新たなる存在”超神”へと生まれ変わるのだー!

まてまて、神を捨てたはずなのに神を超える存在になるということなのか?

不死でもあるなら、神との違いはなんなん?

姿を現した最初の超神は、

戒律の神

超神となった新たなる名前は、

ランペイジマン!!

とりあえず、かっけーー!!

@最初の餌食はビックボディ…か。

調和の神々との聖戦が始まりますね。

最初はシルエットとの語らいで終わるかと思えば、早速正体を見せてくれましたね。

ランペイジマンか、なかなか良いねえ。

下天してきた神々は数えると12人なので、

さしづめ12使徒ってところか。

それぞれが神そのものだから使徒ではないか。

12人と戦うとなると長そうですなぁ。

現戦線だとほぼ全員が満身創痍、

というか致命傷レベルの方もいそうだけどな。

となれば今まで結界に閉じ込められていてモニターで応援していた正義・悪魔・完璧超人から助っ人が来てくれるかな。

まてよ、奪うべきカピラリアの欠片は邪悪5神とザ・マンの6つ。

効率を考えると分散して同時進行の方が理にかなっているから、12人が2名ずつに分かれてそれぞれの場所に向かうのかな。

完璧軍は当然ザ・マンを守るので超人墓場は動かないはずだから、

10名の超神を正義・悪魔・オメガ・残りの運命王子で立ち向かうのか。

星取り的に色々想像出来ますなぁ。

さーて、どうなるこの先。

しかも来週も続き見れるとか、サイコーか!

ではでは、来週まで座して待て!

スポンサードリンク
スポンサードリンク