シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

漫画_YJ_キングダム第482話感想 〜重い重い究極の選択!その結末は・・・〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @ChikaFujiです。

毎週の癒しである週刊ヤングジャンプから、大人気漫画「キングダム」の感想を述べたいと思います。

ヤングジャンプは、掲載されている漫画はほとんど読んでますね。

他の漫画もまた感想書きたいなと思います。

「キングダム」は、いまさら語るまでもないほどの大人気漫画でして、

毎週毎週、ジェットコースターのように戦況が目まぐるしく変わり、毎回ハラハラ・ドキドキさせられる展開が続きます。

つまり、面白いってことですが!! (どーーーーーーーーん!!)

@前号までの簡略あらすじ

熾烈を極める秦軍VS趙軍の黒羊丘の戦い。

趙軍武将の紀彗の弱点が離眼城の民と知り、関係のない趙国の女子供、老人を含めた村人を虐殺し、さらに離眼城でも同様のことをやると脅すように離眼城へ進軍を開始する秦軍の桓騎軍。

そして、桓騎の思惑通りに離眼城を助けに行くと叫ぶ、離眼城城主の紀彗!!

今、趙軍に緊張が走り、紀彗に究極の選択が迫られる。。。

@趙国の勝利を取るか、離眼城の民の命を取るか

今週は、一応読者側から見ると敵にあたる趙国の紀彗側の展開なので、秦軍を応援するところですが、

まあ冷静に見ると、明らかに桓騎より紀彗を応援したくなってしまいます。

いくら戦争とはいえ、桓騎のやり方はえげつない上に、好んでやっているのが外道です、ホント。。。

とはいえ、これ以上ない戦術だし、黒羊丘に砦を作られて秦軍の窮地のはずなのに、この策1つで一転して趙軍がかなり追い込まれるという事態に。。。

しかも、趙軍総大将の慶舎が既に討たれてしまっていて、実質の大将が今策の要である紀彗のため、情に流されて迷い、非常の決断が鈍るとまで読んでの所業。

ホント、悪魔だよ、この人。。。

趙国の他の将は趙国の勝利を見据えて、丘を守ることが得策だと提言しており、正論を訴えていますが、あの惨劇が自分の愛する国民に起こるというビジョンの前に紀彗は全く冷静になれません!

結果的には、苦渋の末、桓騎の思惑通りの行動を取ってしまう、離眼城城主の紀彗。。。

自分がもしこの立場だったら、、、、、

選べませんね、ホント。

出来れば、このシチュエーションにならないようにしたいところです。

勧善懲悪を超えた戦争の非常さを、読者に鮮明にたたきつけられるシーンです。(キツイネェ)

@桓騎はどんな手を打つか

はっきり言って、身近にいると危険なので近寄りたくないです。。。

頭が切れすぎる上に、人間として魅力がにじみ出てて、男も女も危険な意味で惚れさせてしまう人物です。

思惑通りに離眼城の民を救う為、黒羊丘を離れてしまった記彗軍に対して、どう動くのか。

すでに信達の飛信隊にも策を指示した描写もあり、

(そういえば主人公の名前を初めて使った・・・)

次週も目が離せない。。。というか惨劇になるのが明らかなのですが・・・

とにかく1週間が待ち遠しいです!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク