シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

超獣戦隊ライブマン 21〜22感想 オブラーよ、サラバ!君は落ちこぼれではなく誰かの為に最大限に努力できる天才だよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

切ないストーリーにて、オブラー退場となりました。

やりきれない中でも、やはり母に帰っていく尾村豪に同情の念も生まれますが。

それにしても元科学者である意味普通の人間の勇介達が、生身で戦い過ぎじゃない?

オブラーのオノとか普通に食らってるのに、割と軽傷で済んでるのはなぜ?!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

21「豪よ聞け! 母の声を…」

放送日:1988年7月16日

脚本:曽田 博久

監督:東條 昭平

母の危機に、オブラーはその身を投げ出し攻撃を受ける。

誰よりも、ビアス様より認められたかったのは母親だったんですね。

人間には戻れたが、その心はすでに…

母の愛は、重過ぎる…

が、心の安住の地としてそこへ還った尾村豪に幸あれ。

22「宇宙カラオケ名人登場」

放送日:1988年7月23日

脚本:曽田 博久

監督:長石 多可男

尖ってるわ、この話。

そして、さすがの長石監督。

映像美や場面転換の唐突ながら説得力あるのは流石!

新技、トリプルバズーカ!

ファルコンセイバーとライオンバズーカとドルフィンアローを合体させた必殺砲。

唐突だけど、なかなか強力!

めぐみの水着のサービスカット!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク