シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

秘密戦隊ゴレンジャー 第9話感想 東京冷凍漬け作戦をその自慢の愛嬌で打ち破るキレンジャー!カレー好きだって囮なのだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

濃いなぁ〜今回も。

大ちゃん大活躍回です!

1メンバーをここまで余す事なく魅力を引き出す脚本と演出は素晴らしいな!

冷凍ビームはかなり脅威的な武器で、

イーグルの一部隊近く惨殺されてますけど、

イーグルの組織はそれでも揺らがないのでしょうか?

実は悪の秘密結社ばりに強大な権力を持っているんだろうか?

何にせよ、任務に殉じた構成員のご冥福をお祈りします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第9話「青い影法師 バリブルーン秘密戦略」

放送日:1975年6月7日

監督:折田 至

脚本:上原 正三

その愛くるしいキャラで常に良くも悪くも周囲を振り回す大ちゃん。

その実、ある程度、計算して行動してたりもするので侮れない。

そして、いつでも変身できるはずなのに、裸になってもギリギリまで素面で戦う豪傑でもあります。

…メンバー全員そうか。

海城剛は抜群の安定感で、危険なアクションもなんのその。

そして、中の人の誠直也さん出身の九州弁で、巧みに戯けて見せるシーンとか素敵やん!

魔女仮面はそれなりに優秀だったけど、冷凍ビームに固執し過ぎたかな。

ゴレンジャーが狙いなのか、

東京氷漬け作戦を優先させるのかをしっかり定めないと、

ゴレンジャーは隙をついて切り崩してくるから、

そう簡単にはいかなかったですね〜

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク