シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーアギト 7-8感想 フレイムフォーム登場!無骨、不器用なあかつき号の英雄、氷川誠の魅力を見よ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

うーん、面白い!

7〜8話が何気に面白い。

監督:田﨑 竜太

脚本:井上 敏樹

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

07「記憶の一片」

放送日:2001年3月11日

思った以上に、楽しめる回でした。

謎の青年の驚異的な成長と行動。

あかつき号事件の事実。

北条透の今度は何しでかすんだ行動。

真魚ちゃんの父親の死の真相に翔一の記憶が関係?

何と言っても津上翔一と氷川誠の掛け合いですよ!

本編の核心をつくような会話の中に、

ホントどうでも良い会話が混ざってるんですが、

これが妙に頭に残るのです。

なぜ、この会話を入れたんだろ、井上先生。

しかも役者の表情は田崎監督がある程度演出してるだろうから、なんかザラっとします。

どんどん井上沼にハマっていってる…

あと、田崎監督の撮り方も独特。

遮蔽物で状態変化を魅せたり、ライダーへの変身を違和感なく魅せたり。

うーん、他の映像も見たくなる。

●クロウロード
コルウス・クロッキオ

なかなか強敵。アギトを一度は攻略しました。空中からの頭突きはシンプルだけど強力ですね。

氷川誠が遭遇したあかつき号事件の事実。

ただの事故ではなく…

そして、警察内部の汚点にも。

衰弱した涼を救ったのは、謎の少年…

真魚ちゃんが類稀な能力の一端を見せる。

翔一の記憶を読めるのか!

そして、そこには瀕死の父親が映る。

その映像を見ているのが、

…津上翔一?

本編とは別に気になったシーン。

津上翔一と氷川誠の掛け合いなんですが。

面白い上に、このやり取りの意図は???

08「赤い炎の剣」

放送日:2001年3月18日

アギト初敗北…

完敗でした…

井上敏樹先生のお気に入り、北条透。

気に食わない手口だけど、結果的に装着員の座を得ることに。

その鮮やかな手段と執念は凄い…かも。

津上翔一と氷川誠 その2

壊したベッドの修理で、ノコギリを2本破損させる不器用さをみせる氷川誠。

ここまで氷川誠をクローズアップさせるとは。

疑いを持っていた真魚ちゃんだが、

こんなに一所懸命に人のために尽くす津上翔一が、父を手にかける訳がない。。。

アギト フレイムフォームの初お目見えでめちゃカッコいい!

なんと、謎の少年が既に謎の青年に!

葦原涼の老化を回復させ、不思議な光による超常現象を次々と起こす彼に、葦原涼へ恐怖からギルスとなり襲いかかる!

スポンサードリンク
スポンサードリンク