シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーアギト 38話感想 アギト捕獲の功労者、北条透、膝蹴りされる!!(悲報)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

サイコー、サイコーですわ。

電車の中で幸せな気分になりました。

井上敏樹はどれだけ北条透が好きなんだよ、

愛が溢れすぎでしょ!

小沢澄子の膝蹴りくらって悶絶するとか、

絶対書いてて爆笑してたんでしょうね。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

38「その正体…」

放送日:2001年10月21日

監督:渡辺 勝也

脚本:井上 敏樹

沢木哲也と木野薫の邂逅。

この時は決裂するが、後の展開の伏線にもなるのかな。

それにしても医者の立場を利用して葦原涼を殺そうとしたり、アンノウンそっちのけで真島くんとか襲うとか常軌を逸してますよ。

彼本人も完全に自分を見失ってますし。

「俺、実はアギトなんです。」

津上翔一らしい、あっけらかんとして本当とも嘘とも取れるくらい告白でした。

結局翻弄され続ける北条透。

したり顔で小沢澄子にアギト捕獲を自慢してたのに、カマをかけられてアギトの正体を見抜かれることに。

ここは小沢澄子が上手でしたが、北条透の功績は大きいですよ。

勝手に津上翔一を連れ出す小沢澄子に立ち塞がる北条透。

貴女に構ってる暇はないの!

腹?股間?に膝蹴りを受け、悶絶する北条透!

いやぁーこのやり取りに幸せな気分になりました。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク