シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

京浜急行で行く〜三浦半島・三崎港編〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ども〜 @ChikaFujiです。

7月17日、3連休の中日、兼ねてから行きたかった三浦半島の三崎港に来ちゃいました〜

@京急線で行くと快適♫

横浜駅から京急線に乗って1時間くらい揺られ、
そこからバスに乗り継いで辿り着くところです。
ちなみに京急線のお得切符だと、
往復切符とバス乗り放題で大人1人1,930円なのです。(オトク〜)

@潮風とお祭りとマグロづくしと

三崎口駅に着くとバスロータリーには、三崎港行きと油壺マリンパーク行きがあるので、三崎港行きに乗り込みました。
 やはり、三連休ということもあり、とにかく道中の渋滞が凄い、というかヒドイ
 普段はどのくらいで着くんだろ〜
今回は少なく見積もっても30分以上は余計にかかった気がします。
バスの中も席はすべて埋まっていて立っていたため、腰痛かったぁ〜
そして、ようやく辿り着いた三崎港〜
潮の香りがたまらない!
海南神社 夏の例大祭
という祭りが開催されてました〜
 バスロータリーの周りは出店が立ち並んでいて、
焼きそばやらりんご飴やらが食欲を刺激します。。。
バスロータリーの先は、すぐに漁港となっていて、
そのすぐ横には、
三崎フィッシャリーナ・ウォーフ「うらり(愛称)」
という建物があります。
ここは、まぐろ等の魚介類や野菜などを販売する「産直センター」や
ゲームセンターを始めとした多目的スペースがあり、
新鮮な魚介類をお土産で買ったり、小腹を満たしたり、観光船に乗って海上散策を楽しんだりできます。
とりあえず、ソフトクリームやら、名物の「とろまん」(肉の代わりのまぐろが入っている)で軽くお腹を満たして、
激しく繰り広げられる例大祭をパシャパシャ写真に撮りながら、早めの夕食として寿司屋を探します。
やはり、三崎港に来たら、まぐろ食べなきゃ!!
ということで、ガイドのパンフレットを見ながら周辺のお店を物色する。
う。。。高いなぁ。。。
一番安いのでも1人前2千円〜3千円・・・
味のクォリティがわからないのに、この値段は出せないよ。。。
そうこうしていると割と安めの
回転寿司屋「さん」
を見つけたので、そこに決めました。
 店内はカウンター席20名くらいとテーブル席が4つほどの広さです。
店員が例大祭に気がいってて、オーダーをなかなか取りに来ないし、愛想ないし・・・
まあ、気を取り直して、
いつもの息子が食べる玉子とカッパ巻、
大人はもちろんまぐろじゃぁ〜〜〜!!!
お得な
カジキ鮪と中トロ10貫セット
中トロは、うぅ〜〜マイ!
でした〜
まあ、すべてが絶品かと言われれば、ウーーーーン。。。
漁港で食べる雰囲気は味わえたかなと思います。
今回はかなり思いつきで行ったので、行き当たりばったりでしたが、
次回は三浦海岸の海水浴とか、BBQとか行きたいなと思います!
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク