シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仮面ライダーエグゼイド第7話感想 九条貴利矢の嘘の美学?嘘とされた幻夢の本当の正体とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

今回はSome lieのタイトルとサムライをかけた

適切な「嘘」をめぐるテーマでした。

相変わらずバグスターの存在感がうす・・・

第7話「Some lie の極意!」

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@九条貴利矢の嘘の美学?

仮面ライダーレーザーこと九条貴利矢のエピソード回でした。

「嘘」がキーワードとなる話でしたが、

いまいち薄かったかなと感じました。

仮面ライダーレーザーのレベル3が人型になること、

バクスターのサンプルを集める必要性、

友人の死が自分の真正直さにあったこと、

明かされたことが色々出てきましたが、

なんか散見したような印象でなんかもやっとするんです。

九条貴利矢が、友人を失った後悔から必ずしも真実を言わずに「必要な嘘」をついて誤魔化しており、

本当は仲間を欲していて信頼されたいと思っていることは見て取れるのですが、

それがミエミエ過ぎているのに、キャラの深みにうまく繋がってなくてヤキモキします。

うーん、これからうまく解消してくれることを期待します。

@嘘とされた幻夢の本当の正体



仮面ライダー幻夢の正体を上手く社長の黎斗ではなく、

爆炎の中で入れ替わったバクスターのパラドと印象づけさせた演出は良かったかなと。

バトルの方はガシャコン付きバクスターが人格がなさ過ぎてなぁ・・・

毎回一体は倒さないといけないノルマなのかな。

ワンパターンかつ淡白すぎて乗れない・・・

批判ばっかりですね、申し訳ない。

前番組のジュウオウジャーやウルトラマンオーブの脚本の良さと比べるとあまりにも薄くて、つい。。。

まあ1クールは辛抱強く見続けます。

きっとこれから良くなる・・・よね?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク