シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

NJPW G1 CLIMAX 27 後楽園1日目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

連日じゃんじゃん続きます〜

バディファイト Presents G1 CLIMAX 27 後楽園ホール大会1日目

を新日本プロレスワールドで観戦しましたー

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@鈴木-ケニーが魅せるニューワールドに酔いしれろ



第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

小島 聡 ✖️ - ジュース・ロビンソン ○ 
11分48秒  パルプフリクション→片エビ固め

チェック:

ジュース選手が逆転勝ちのこの試合。

会社からのプッシュの強さを感じながらも、小島選手から3カウント取ってもフロッグではない感があるのは実力が伴ってきたということか。

技は単調だけど、客を乗せるのが上手いからなんか応援したくなるんだよなあ。

タマトンガ戦とかで、真価をみせてほしいなぁ。

第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

マイケル・エルガン ✖️ - タマ・トンガ ○ 
13分46秒  片エビ固め

チェック:

タマトンガ選手が取ったー!!

やはりこの人の試合運びは好みです。

緩急自在の動きと顔首あたりの一点集中攻撃、間の取り方はチャンピオンクラスだと思うなあ。

やはりガンスタンを覚えてからさらに磨きがかかってると思う。

オカダ選手、ケニー選手、鈴木みのる選手のチャンピオン勢から金星取ってくれると俄然面白くなる。
裏G1決勝は、ザック-タマトンガ戦を密かに夢見てます。

客入らないかなぁ・・・

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

SANADA ○ -“キング・オブ・ダークネス”EVIL ✖️ 
15分48秒  ラウンディングボディプレス→体固め

チェック:

素晴らしい試合だったぁ〜

今まで観たSANADA選手の試合でも1番かもしれん。

レベル高いはこの二人。

この二人だからこのレベルの試合になったのかも。

技の読み合いが2手3手先までの繰り広げられる中で、
SANADA選手の身体能力とEVIL選手のパワーといった長所の生かしあい、
試合の流れもテンポも実に良い。

EVIL選手のスタミナが割と早く切れた気もしたけど、フィニッシュまで説得力あったから、
まあ問題なし。

ロス・インゴが頭一つ抜けているなと強く感じた一戦でした。

また、ぜひ観たいよ、このカード。。。

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

オカダ・カズチカ ○ -矢野 通 ✖️ 
10分31秒  レッドインク

チェック:

矢野選手の試合という印象。

セミの試合かと言われると疑問。

チャンピオンは、こんな試合でもオカダ色に塗り替えられるかが今後の課題だな。

この試合で何やってたか全く記憶に残らなかったよ。

NewImage

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

鈴木 みのる ✖️ -ケニー・オメガ ○ 
21分24秒  片翼の天使→片エビ固め

チェック:

ケニー選手激勝でしたー

試合展開には賛否両論あると思いますが、

個人的には良試合でした。
とくにケニー選手と相対する選手は、最近のマラソンマッチのイメージから期待値のハードルが高くなっている中で、あえて「鈴木みのるの世界観崩さない」鈴木みのる選手は流石だと唸らされました。

場外乱闘、セコンド介入を織り交ぜながら、一点集中攻撃を右足に絞り、機動力を奪いながら一瞬の隙をついてスリーパーからゴッチ式パイルドライバーっていうストラテジーは、相変わらず流れが美しい!

それでいて、常に新しい動きや閃きも忘れないので、ほんと飽きないです。

ケニー選手は、もう少し噛み合うように対応できるかと思いましたが、まあ初対決なのでいいでしょう。

G1だけでなくタイトルマッチで何度でもみたいカードでした!
ケニー選手の試合後のコメントで「Survive」を連発してたのが試合の激しさを物語ります。

さてさて、Aブロック、Bブロックともに御披露目が終わりましたね!

ある程度星をばらけさせながらも、秋以降のシリーズの伏線に繋がるようなカードを組んでいると思うので、その辺も楽しめたら良いなぁ〜
明日の後楽園は、ザック戦が楽しみです!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク