シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーディケイド 第18話感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

響鬼編、突入です。

ついにディケイドの旅も9つ目の世界となり、

ここが終着の世界となる…のか。。。

ディケイドカブトversion

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第18話「サボる響鬼」

放送日:2009年5月24日

監督:柴﨑 貴行
脚本:米村 正二

ディケイドにおける響鬼の世界は、
音撃道は3つの流派に分かれており、
それぞれが対立しているという構図。

その1派の大将である響鬼さんは、
弟子のアスムに対して投げやりな態度を示す。
アスムは3つ流派を1つに統一し、力を合わせて世界を守ろうと思いつめており、師匠の態度に戸惑い悩んでいました。

門矢司達は、現れる魔化魍を退治しながら、状況をさり気なく見定めつつ、といった立場を取ります。

一方、ディエンドこと海東大樹は、変わらずお宝を求め暗躍し、響鬼流の巻物を奪うため、アスムに近づきます。

真剣に思いつめるアスムを手玉に取るつもりが、情が移り、がらにもなくアドバイスをしてしまう海東。

響鬼さんは、実は鬼の力に取り込まれており、伝説の魔化魍の牛鬼へと変貌しアスム達を襲い出しました。

果たしてアスムは響鬼さんを救い、流派を統一出来るのか?
門矢司達は、どう彼らに接していくのか?

後編、結末が楽しみです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク