シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

魔進戦隊キラメイジャー エピソード2 キラメイジャー!それは1人1人を輝かせるためにそれぞれが支えるために5人が集まっている戦隊!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

2話目見ましたー!

ヤバイ、面白い!!

予想のナナメ上の展開に、

リーダーの在り方は?

みたいな王道ストーリー!

キラメイジャーのコンセプトとして、

1人1人が輝いているから、

キラメイジャーであり、

1人1人を輝かせるためにそれぞれが支えるために5人が集まっている戦隊!

と明かされ、すごい納得感がありました。

そのリーダーに、

1番最年少だけど、

誰よりも自分の気持ちを大事にできる信念を持つ、

充瑠が選ばれたのは面白いなあ。

確かに5人の中で適任ですね。

ますます今後の展開が楽しみです。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

エピソード2「リーダーの証明」

脚本:荒川 稔久

監督:山口 恭平

@あらすじ
熱田充瑠(小宮璃央)が加わり、5人そろったキラメイジャー。充瑠は、キラメイジャーをサポートする博多南無鈴(古坂大魔王)からキラメイジャーの“リーダー”を任されるが…。そんな中、遊園地に邪面師ラグビー邪面が出現し、ボール爆弾で周囲を破壊し始める。キラメイジャーが応戦するが、大会に出場中の速見瀬奈(新條由芽)は参戦せず、ラグビー邪面を逃がしてしまう。キラメイジャーは5人がひとつにならなければいけない。充瑠はリーダーとしての資質を問われ…。

@ストーリー感想

敵が地球に侵攻するためのルールが判明しました。

地球を一気に汚すためには「邪念獣」を送り込むのが効果的!

…だが、

送り込むためのゲートを大きくしなくてはならず、膨大なエネルギーが必要。

それを人々を苦しめたときに発生する闇エネルギーとのこと。

この闇エネルギーを溜めるために「邪面師」を送り込み、

チマチマ様々な作戦を展開させて闇エネルギーを溜めるとのこと。

ゲートを開けられたとしても、送れる邪面獣は邪面師に紐付いた一体だけとか…

この辺の細かい敵側の縛りは、ゴーバスターズに似てるなぁ…

キラメキーング!

その場、その場で閃いた武器やロボのアイディアを具現化できる能力。

かなりチートですやん!

なんと、魔進ジェッタと魔進ヘリコが2体合体して、スカイメイジへ。

ヤバイ、斬新やー!

ブルーダイヤを生成するために、

一ノ瀬志穂先生の「グッドスリー」が登場!

マジか、確かに泣けるわ!

凍てついた氷も溶かす熱い衝撃受けました。。。

さらに充瑠からのアイディアで生み出された

「代役ん」!

パーマンのコピーロボットやん!!!

瀬名が2人に!

なんか、いろいろ…妄想膨らみますが…

レッド以外は確かに多忙だから、良いアイディアだなぁ。。。

初5人名乗り!

ですが、グリーンは実は代役んなんだよね。。。

本物瀬名ちゃんが駆けつけ、邪面師を1人で退治!

このカットは山口監督らしくて、

痺れる〜!

なんと邪念師は闇の保健により倒されると闇エネルギーが支払われる仕組み。

これによりゲートが開き邪念獣が召喚される!!

なんか合理的な仕組みに感心しちゃうよ。

ブルーとピンクが仕事に行ってしまい、

残り3人で邪念獣を相手にすることに!

ここもイマジネーションで、3人の魔進が合体し、ランドメイジに!

このアイディアもキラメイジャーらしいね。

それぞれの都合でメンバーが欠けても、

それぞれが支え合い輝ける戦隊ってことですね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク