シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダージオウ EP33感想 わたしは祝福の鬼だ!桐矢京介はついに響鬼となれたのか?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

響鬼編始まりましたー!

懐古でありながら、コミカル展開ですね〜

響鬼は結果的にパラレルワールド的なストーリーにしか出来なかったんですね。

まあそれはしょうがないでしょうが。

脚本が井上敏樹先生だったらどうだったんだろう。。。

桐矢京介役に中村優一さん、

トドロキ役に川口真五さん、

とオリジナルキャストが出てくれたのは嬉しかったですね!

さらに、ここでようやくウォズが少しキャラ崩壊というか、遊び出すといった演出が見られてお得感満載です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

EP33「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」

放送日:2019年4月28日

監督:諸田 敏
脚本:毛利 亘宏

響鬼の弟子だろ?

と荒れる青年に無理やりライドウォッチを埋め込むウール。

アナザーヒビキ誕生!

確かにパッと見で魔化魍にも見えるフォルム。

鬼でありながらダークヒーローのような気品も匂わせるデザインですね。

アナザーヒビキが襲い掛かったことにより、

・仮面ライダージオウ クウガアーマー

・仮面ライダーゲイツ ウィザードアーマー

で迎撃!

クウガアーマーはサラッと登場、

特殊能力は特になさそうで、なかなか唐突感がありますね。

トドロキ氏登場!

やはりカッコいいッス!

仮面ライダー轟鬼に変身し、

音撃斬 雷電激震(おんげきざん らいでんげきしん)が唸る!

自ら響鬼と名乗る桐谷京介が登場!

すっかり大人になっているが、性格は変わらず?!

「お前は誰だ!」

「祝福の…鬼だ!」

ウォズの壊れっぷりと、

渡邊さんの演技1年目とは

思えない巧みな演技に、

腹を抱えて笑いました!

桐谷京介の変身体は白色にて、

まだ響鬼を正式に継げてなかった…

15年あまりの彼の苦悩は語られたが、

師匠の響鬼さん、もとい細川さんは何処に行ってしまわれたのか…

スポンサードリンク
スポンサードリンク