シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダージオウ EP32感想 BELIEVE YOURSELF!明日へ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

いやぁーー、感動、感激、感謝の神回でしたね!

ほんとこのカタルシスは半端ないです。

ジオウトリニティとアギトトリニティフォームの共演に、

バックミュージックに、
「BELIEVE YOURSELF」
が流れるとかテンションMAXでしたよー!

あ〜し〜たぁ〜へぇ〜〜〜!!

大人になった真魚ちゃんの、

「しょういち君!」

も聞けたしなあ…

アギト本編また見返したいな!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

EP32「2001:アンノウンなキオク」

放送日:2019年4月21日
監督:杉原 輝昭
脚本:毛利 亘宏

仮面ライダーアギト ストームフォーム

華麗かつ流麗!

仮面ライダーアギト フレイムフォーム

パワーだけでなく超感覚を持つ、猛々しいスタイル!

ツクヨミは失った記憶とともに自分で制御しきれない巨大な力を持つことがわかる。

その事実に大きな衝撃を受け、思い悩むツクヨミ。

ソウゴやゲイツにも笑顔を見せられなくなっていく…

そんな時に出会った仮面ライダーアギトこと津上翔一。

彼も大きな運命に翻弄され、

本当の名前と記憶を失い、

無意識に使えるようになった

「アギト」の力を得る。

同じ境遇であるツクヨミに優しく背中を押す。

「だって、記憶とか力とかあってもなくても、俺は俺だから。」

「その笑顔、みんなにも見せてあげてよ!

あの仲間たちだって、君が君でいるから仲間になったんだよ!」

「世界を良くしたい!

(中略)

だって、私は私だから!」

その笑顔でいてくれるだけで良いのです。。。

ウールとアナザーアギトのアギトフォルム。

G3を装着して戦闘に加わる津上翔一!

アギトの力があろうがなかろうが、

津上翔一は津上翔一なんです!!

ツクヨミも自分の力を自分の意思で、

誰かを助けるために使う!

取り戻したアギトの力で、いざいかん!

オレも負けてられないな!

なんと、アギト トリニティフォームに!

本編でも2回しか登場していない伝説のフォームがいま爆誕!!

もう何も言うまい!

この画のカッコ良さは言葉では言い表せない!

バックミュージックに、
「BELIEVE YOURSELF」

とか。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク