シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダークウガ EPISODE11-12感想 「いつでも誰かの笑顔のために頑張れるって、すごく素敵なことだと思わないか?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

この11-12話は珠玉のエピソードでした。

五代雄介の得意技「サムズアップ」を授けたのは小学校の時の恩師 神崎先生でした。

神崎先生は、今後もちょくちょく出てきて、良い味だしますし、最終話まで出てしまう準レギュラーと化します。

まあ、そんなことより、小学生の頃に五代雄介が父親を亡くし、悲しみに沈んでいた時に言った言葉とサムズアップが、その後の五代雄介に大きな希望となり影響を与え、

さらに、回り回って教師であることを悩んでいた神崎先生自身を救うことになるとか、ほんと良い話でした。

五代雄介(小学生時代)に向かって、

サムズアップをしながら、

「古代ローマで満足できる、納得できる行動をした物だけに与えられる仕草だ。お前もこれにふさわしい男になれ 」

いつでも誰かの笑顔のために頑張れるって、すごく素敵なことだと思わないか?

ほんと、素晴らしい言葉です。

監督:長石 多可男

脚本:荒川 稔久

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

EPISODE11「約束」

放送日:2000年4月9日

神崎先生は教師として年々悩みが大きくなってきていた中で、偶然見つけたこのアルバムのメッセージ。

先生の言葉とは?

願掛けをしながら、当時の小学校へ向かうことに。

未確認生命体第22号 ズ・ザイン・ダ

ちなみに演じたのは、プロレスラーの野上彰(元JJジャックス)でしたね。

この時は、かなりウェイトアップしてた時だったのかなぁ。

そうか、TEAM2000の活動していた時かー

小細工なしの素面での殺陣が多くて、手に汗握りましたねー!

プロレス技も多く出してて、見応え充分。

EPISODE12「恩師」

放送日:2000年4月16日

追い詰められたクウガにトドメを刺そうと迫るザインに、急遽割って入るグロンギが。

未確認生命体第23号 メ・ビラン・ギ

何気にいつの間にか存在した五代雄介ファンクラブ。

奈々ちゃんが第1号でした。増えたかどうかは不明。

通常のキックでは倒せないとわかり、自分の技をアレンジした回転してからのキックを特訓。

見事にザインを粉砕する!

この特訓による怪人撃破は昭和ライダーの十八番でテンション上がります!

五代雄介は約束通り2,000の技を身につけ約束を守り、無事に神崎先生と再会します。

この最後のお互いのサムズアップと笑顔は、

ほんと胸が熱くなりましたね!

こんな人間関係を築けるのが羨ましい。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク