シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

超獣戦隊ライブマン 13〜14感想 めぐみ、コロン、世界はそれを愛と呼ぶんだぜ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

13「燃えよ鋼鉄コロン」

放送日:1988年5月21日

脚本:曽田 博久
監督:東條 昭平

ドクガスヅノーの毒ガス作戦、まじ優秀じゃないっすか!

人間の目を欺いて、テニスクラブの地下に秘密基地を作って、そこで人間達のゴミから猛毒ガスをドクガスヅノーに作らせる。

それを各地にこっそりとばら撒いて、ドクガスヅノーのリモコンで一気に毒ガスを噴出させて、人類を滅亡させる。

マゼンダは確かに大量殺人の天才!

だし、計画の立案からプレゼン、そのプロセス、慎重さ、全てにおいて超優秀。

惜しむらくは、脱走したジーマを放っておいて作戦を進めれば良かったと思いました。

完璧を求めすぎて、一つの綻びも許さない性格が失敗の要因でしょうか。

Mr.田中とコロンのラブロマンスは、めぐみとの掛け合いもあって面白い。

それにしても男2人はまじダメな役だなw

まあそれがライブマンらしいですね。

14「ナベ男勇介の叫び」

放送日:1988年5月28日

脚本:曽田 博久
監督:長石 多可男

Dr.アシュラの新能力、サイバー分身アシュラ。

さらにエレキヅノーによる電気人間攻撃。

これはかなりエグい作戦だったなぁ。

むしろなぜトドメを刺しきれなかっただろ。

チャンスはかなりあったのに。。。

この勇介を想うめぐみの言動、行動がほんと芯にきました!

ジョーも最初はビビってましたが、ボロボロになりながらもあの笑顔はたまらんです。

この3人の絆の強さはライブマン最大の魅力ですね。

それにしてもめぐみは男前だよ。惚れるわ〜

Dr.アシュラとシュラ三人衆。

凄いことをしているはずなのに、最終的に間抜けに見えるのはなぜだろうw

分身の能力を使いこなせてない感もあるし、アシュラの言ったことを最後だけみんなで輪唱してるし。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク