シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

特命戦隊ゴーバスターズ Mission4感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ!@Chikafujiです。

4話にして既にかなり重苦しく緊張感が走る展開!

そして、ヒロムの覚悟、リュージ、ヨーコの想い、そして、黒リンこと黒木司令官の指揮官としての在り方、黒木タケシとしての本気の覚悟、しっかり描かれていました。

目的は、メサイアのシャットダウン!

そして、亜空間に転送された人々を助け出す。

その一点だけでも13年間費やした時間と想いが交差する。

優しさ、酔狂ではない、絶対失敗するわけにはいかないミッションだということなのだ!

ゴーバスターズの在り方が定まった良回でした!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Mission4「特命と決意」

放送日:2012年3月18日

脚本:小林 靖子

監督:中澤 祥次郎

@ストーリー感想

バグラスの目的は、メサイアを悪すぎる亜空間から現世に呼び出す事。

その為の亜空間形成にエネトロンが大量に必要。

そのエネトロンを大量に回収するためにメガゾードを繰り出し、メガゾードを目的の場所に転送するために、エネトロンとマーカーが必要。

必要なエネトロンとマーカーを置くためにメガロイドを生成するエンターの存在。

実に合理的な敵組織です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク