シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仮面ライダーセイバー 第23章感想 荒れ狂う飛羽真が思ったよりハマる!いよいよ面白くなってき…てるぅ!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ちょっと面白い展開になってきたかなぁ。

毛利脚本でキャラ立ちとストーリーのわかりやすさが出てきたような。

結局、どこに向かっていくのが良いのがまだ見えないけど、

ユーリの存在でストーリーの安定感が出てきて、

大秦寺、尾上のアダルトコンビが清涼剤、

特に尾上の在り方が仮面ライダーセイバーを見続けるモチベーションですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第23章「荒れ狂う、破壊の手。」

脚本:毛利 亘宏
監督:柴﨑 貴行

@ストーリー感想

禁書?を盗むためにサウザンベースに忍び込んだストリウスに、なんかあっさり渡すマスターロゴス。

なのに、あっさり取られて飛羽真のパワーアップを口をくわえたままのストリウス。

だから、そういうところだよ、セイバー。

分かりにくくて、回りくどいだな、なぜか。

まあ、でも、とにかく人を守りたいの飛羽真に、闇堕ち要素が加わったんで、もう少し続けてほしい。

あっさり自分の力にして、単なるパワーアップフォームで終わらないで欲しいわ、プリミティブドラゴン。

フォルムやデザイン、逆手剣持ちとか、カッコいいから、丁寧に描いて欲しいです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク