シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

NJPW G1 CLIMAX 27 エディオンアリーナ大阪大会  すべてはEVILだぁー!チャンプから勝利しG1優勝宣言!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

バディファイト Presents G1 CLIMAX 27 エディオンアリーナ大阪大会

を新日本プロレスワールドで観戦しましたー

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@すべてはEVILだぁー!チャンプから勝利しG1優勝宣言!!



第6試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

矢野 通     -  タマ・トンガ
(3勝4敗=6点)  (2勝5敗=4点)
3分15秒  横入り式エビ固め
チェック:

矢野選手3勝目〜

それにしても決着早いなぁ・・・

星取りを整える意味でも、選手の体調を考慮する意味でも、

G1にとって矢野戦は貴重です。。。

第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

小島 聡     -  SANADA
(1勝6敗=2点)  (4勝3敗=8点)
12分09秒  ラリアット→片エビ固め

チェック:

小島選手、遂に初勝利〜!

まさか勝つとは・・・

でも、小島選手らしさが随所に見られて、
ドラゴンスクリューやシャイニング・ウィザード等、
武藤殺法も繰り出しましたね。

二人は全日本プロレスで武藤敬司を師匠と仰いでおり、
先輩後輩関係でした。

月日を経てライバル団体である新日本プロレスで
こういう邂逅があるのも大河ドラマさながらのプロレスならではです。

でもSANADA選手にとっては痛い1敗だな。

第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

マイケル・エルガン  -  鈴木 みのる
(3勝4敗=6点)    (4勝3敗=8点)
11分13秒  エルガンボム→エビ固め

チェック:

エルガン選手取ったーーー!

鈴木ワールドに呑まれながらもパワーで粉砕しちゃました。
だとしたら、前回の矢野戦であの負け方は余りにも酷いのでは。

第9試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

ジュース・ロビンソン – ケニー・オメガ
(2勝5敗=4点)    (5勝2敗=10点)
15分36秒  前方回転エビ固め

チェック:

うぉぉーーー!

ジュース選手が3カウント取った!!

そうそう、プロレスはこれがあるから観るのを止められない。
もちろん99%オメガ選手が支配してました。

うーん、油断してようにも見えなかったけど、ジュース選手の執念の為せる結果でしたね。

もしかして次代のスター誕生を目撃したのか?!

第10試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦

オカダ・カズチカ  -  “キング・オブ・ダークネス”EVIL
(6勝1敗=12点)    (5勝2敗=10点)
22分47秒  EVIL→片エビ固め

チェック:

来たー!

取ったー!!!

エーブリィシィング イズ イーブォルゥ!

すべては・・・イーブォルゥだぁ!
いやぁ、興奮しましたぁ。

試合内容も素晴らしかった。

序盤は、EVIL選手も緊張してたのか、一方的なオカダ選手ペース。

相変わらず淡々といつものムーブを決めていきました。

ペースが変わったのは場外戦でのオカダ選手のプランチャに椅子ぶつけてから。

そして椅子を重ねた上にタークネスフォール炸裂!

これでオカダ選手の動きが止まりました。
ここから畳み掛けて行きましたが、

さすがチャンピオン、驚異的な回復力でペースを握り返します。

ここから一進一退の攻防が繰り広げられます。
差を分けたのは、何だろうなあ?

恐らくお互い相手の一瞬の隙に必殺技を叩き込む絵を描いていた中で、レインメーカーのムーブに合わせて密着してEVIL(変形の大外刈り)を叩き込む絵を明確に描いていたEVIL選手に軍配があかったとのことでしょうか。

いやぁほんと素晴らしい!たまらないっす!

NewImage

まだまだ一戦一戦で順位が動きそうですね。

目が離せません!

スポンサードリンク
スポンサードリンク