シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仮面ライダービルド第1話感想 ベストマッチな世界観とストーリーに掴みはオッケー!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。
いやぁ始まりましたね〜

仮面ライダービルド!!
リアタイで見れなかったんで、

TTFCでじっくり見ました。
うん、面白い! 
設定とキャラ立ちの掴みはオッケーでしたね。。。

第1話「ベストマッチな奴ら」

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク



1話にしてはかなりてんこ盛りかつ急展開なスピード感。

でもテンポが良いので、飽きずに見れますね〜

というか、1話目にして仮面ライダーが指名手配犯とは、ブッとんでる!

犬飼貴丈(いぬかい・あつひろ)さん演じる桐生戦兎(きりゅう・せんと)がかなりキャラ立ちがしっかりしてて、犬飼さんの演技が安定してることもあり安心して見てられますね。

例えば脱獄犯の龍我を助けてバイクで逃亡する際の2人のやりとりで、

「本当のバカは自分のことをバカなんて言わないんだよ。お前は嘘をつくような奴じゃない。」

というセリフがありましたが、

①助ける動機付け→ヒーローとしての資質
②鋭い観察眼
③戦兎の琴線に触れるような
過去に何かあったかのような言い回し

というテーマをクリアしつつ、
カッコいい!と視聴者に思わせる脚本に唸らされました。

こりゃ、今年も脚本に期待できそうだなぁ。

そうそう、
脱獄犯の龍我役の赤楚衛二さんは、
仮面ライダーアマゾンズの2ndシーズンで
長瀬 裕樹(ながせ ひろき)役の熱演が記憶に新しく、今回の龍我役もかなり楽しみです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク