シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仮面ライダーゼロワン 第6話感想 ライトニングホーネット、まずまずだなぁ!いえ、サイコーです。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

今週は用事があってリアタイ見れず、無念!

リアタイはもちろん前情報なしで見れるのもあるし、ツイッターのタイムライン追っかけながら見るのが何より楽しいのです!

1人で楽しんでるんじゃなくて、同じ時間を日本中で楽しめるのが何より楽しいのです♬

第6話「アナタの声が聞きたい」

脚本:筧 昌也
監督:柴﨑貴行
アクション監督:渡辺 淳 (ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田 洋 (特撮研究所)



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@あらすじ

或人(高橋文哉)とイズ(鶴嶋乃愛)は、エイムズの諫(岡田龍太郎)の捜査の立会いでアニメの録音スタジオへ。声優ヒューマギア、セイネ(美山加恋)の事務所社長・多澤(おかやまはじめ)にある容疑がかかっているというのだが…。

一方、滅亡迅雷.netのアジトでは、滅(砂川脩弥)が迅(中川大輔)にある指令を出す。
「迅、許可する。ゼロワンのプログライズキーを狙え!」

@ストーリー感想

相変わらずてんこ盛り内容でしたね。

というか声優親子が切なくて、重くて、、、

割とゼロワンはヒューマギアを通して心が抉られるようなテーマを持ってきて、日曜の朝から考えさせられます。。。

自分だったら、きっと同じことをするだろうなぁ…

ヒューマギアの注文をするときに、性別・年齢・容姿・職業等を詳細にカスタマイズして発注できるのがウリなのですが、

「本人に無許可で酷似した容姿のヒューマギアを作成、使用してはならない」

という人工知能特別法が定められており、

今回の声優型ヒューマギアは多澤社長の亡くなった娘に酷似しているという違反を犯したとのこと。

子供を亡くした親の気持ちは計り知れないものであり、ヒューマギアに投影させてしまう気持ちも痛いほど伝わります。

結果的にヒューマギアはマギアとなり破壊され、多澤社長は代わりとしてAI機能を持たせて娘の声で受け応えしてくれるアレクサみたいなデバイスをもらい、日々話しかけて過ごすことになりました。

或人は最後に

「人は心の拠り所がないと生きていけない」

と総括していましたが、

もちろんその通りで、

それが人間の子供でも愛人でもペットでも誰が側にいてくるだけで生きていく意味を見出せるのであれば、必要だと強く思いました。

一方で、敵方の親子関係があまりにもドライで無機質で、こちらもある意味切ないドラマになっており、

「親子とは何か?」

をいろいろ考えさせられて…

って、日曜の朝から重いよー

東映さんよー!

気になった部分として仮面ライダーのワードは主に「A.I.M.S」が発しており、飛電側と滅亡迅雷.net側は特に意識して使用してないんですね。

ライズキーに関しても認識がそれぞれ異なり、

「A.I.M.S」:仮面ライダーシステムとプログライズキーを所有し、恐らくプログライズキーを作成できるが、

デイブレイクによって消滅したと思われたプログライズキーのデータが飛電にあるという調査をしていたところを見ると、一旦デイブレイクで失われた技術となり、現在再構築している状況なのかと推測される。

飛電インテリジェンス:恐らくデイブレイク後に惑星ゼア等を開発し、ヒューマギアのシンギュラリティに備えて隠していたようだ。

秘書イズがキーとなり、ある程度自在に必要なプログライズキーを製造可能。

プログライズキーが奪われてもあまり気に留めてない。

滅亡迅雷.net:人類滅亡のためにライズキーが必要であり、ゼツメライズキーをヒューマギアに使用させそのデータを蓄積している。

プログライズキーも必要とし、仮面ライダーシステムも所持している。

といった立ち位置が絶妙に違うことが後々どう影響するのか?

とにかく面白い!

@戦闘パート

ついに登場した仮面ライダー迅!

まさか、或人から奪ったフライングファルコンプログライズキーで変身するとは、驚き!

ファルコンの能力によりずば抜けたスピードと飛行能力を持ち、基本性能が高いゼロワンライジングホッパーを寄せ付けない強さを発揮しましたね。

仮面ライダー迅の基本形態だそうなので、フライングファルコンは戻ってこないのかな?

そして変身シーケンスがゼロワンと同じヒューマギアのような素体になってから能力を纏うタイプ。

「A.I.M.S」のライダーとは別タイプのようです。

この辺りが今後の伏線になりそうですね。

そしてなんといっても、仮面ライダーバルキリーライトニングホーネットの登場ですね!!

女性ライダーでパワーアップフォーム自体も初めてだと思うし、ラッシングチーターとは別の流線的な女性フォルムは神々しさを感じさせ、まさに女王蜂の威厳に満ちた出で立ちに胸を撃ち抜かれました。。。

しかも働き蜂みたいな武器をビットのように使いこなし、攻防に優れ遠近距離に穴がないとかチートやん!

公式HPでは、

雷撃炸薬を搭載したマイクロミサイル「ヘクスベスパ

というらしい。

ホーネットなので飛行能力もあり、ホバリングのように空中での高速移動も出来るとかヤバイよ!!

必殺技は、

サンダーライトニングブラストフィーバー

まさに蜂の一指しですが、威力は絶大です!

それにしても、まだ6話の段階で、2号ライダー、3号ライダーのパワーアップフォームが出るとか、令和になると今までの常識をことごとく超えてきてますねー!

@今週のイズちゃん

相変わらず最前線にいてもマギアに襲われないし、フライングファルコン取られても全く動じないし、アルトじゃないとは完全に自分のものにしてるし、癒されるし。。。

「えーぃ」

「あい!」

「えーあい!」

「はい、アルトじゃぁ、ないとー!」

@今週のヒューマギア

@今週のマギア

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク