シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーディケイド 第11話感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ファイズ編が完結しましたー!

当時見ていた時には感じなかったのですが、

今見直すと良いシナリオで面白かった。。。

海東のお披露目会なので、

そこばかりに目が行きがちでしたが、

由里ちゃんがタクミをどう受け入れるのかを

しっかり描かれており、ハッピーエンドでありながら色々考えさせられました。

第11話「555つの顔、1つの宝」

放送日:2009年4月5日

監督:柴﨑 貴行

脚本:會川 昇

仮面ライダー555本編にて、

主人公の乾巧は、

「俺には夢がない。

だが、夢を守ることはできる。」

と闘いに身を投じていましたが、

ディケイドのタクミも、

あの若さでオルフェノクであるという重い十字架を背負い、

人間とは違う自分に絶望し、夢も希望もないまま日々を過ごしていた中で、

由里ちゃんの優しさに触れ、

いつか写真集を出したいという夢を聞き、

彼女の夢を見守りたいと強く願い、

手にしたファイズギアで人知れず彼女を守る道を選ぶ。

そんな、ストーリーがオーバーラップして、グッと来ました。

「夢」って、

「生きる糧」でもあり、

時に「呪い」でもあり、

「願い」でもあり、

人と人が繋がりを持つために必要な「絆」なのでしょう。

自分も今は「夢」

というよりも、

「願い」があり、

こうなりたい!

こうでありたい!

のために日々奔走していると思います。

それがあるというだけで、有難いなと感じますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク