シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダークウガ EPISODE49 感想 青空になり、みんな笑顔になる!いつかまた逢える日まで。ありがとう!五代雄介。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

仮面ライダークウガ、完走しました。

感無量…と共に、まだまだ足りないなぁと。

もっと深く入っていこうと感じました。

新型コロナウィルスで全世界が未曾有の危機に晒され続け、

心が暗鬱となるこんな時期に、

仮面ライダークウガを見直したことは、

何か意義があることなんだと思います。

みんなの笑顔のために、、、

とはいかなくても、

自分の大切な目に映る人々の笑顔のために、

自分にできることを精一杯やろう!

と、また歩き出していきます。

監督:石田 秀範

脚本:荒川 稔久

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

EPISODE49「雄介」

放送日:2001年1月21日

ダグバの顛末はこの文書のみで語られる。

ライダー史上でも例を見ない終焉。

最終話でたくさんの笑顔や雄介の画像ではなく、この1枚のみ選びました。

この1枚だけでも、仮面ライダークウガを象徴する絵かと。

この後の本部長のサムズアップで胸が熱くなりました。

47-48話と逆に常に晴天の青空の下、一条さんがそれぞれを巡り、雄介に想いを馳せる。

もうね、この魅せ方が堪らんですわ。

どうして、ダグバを倒した後、五代雄介はすぐに旅に出たのか。

やはり最後まで暴力には慣れず、大量殺人者グロンギとはいえ、数多くの同胞を手にかけた罪を背負って生きていく故、

ダグバと差し違える覚悟にて、勝ったとしても自分の存在を消したかった故、

とか、妄想して脳内補完しようと思います。

仮面ライダー1号 本郷猛と同様、世界中の笑顔を守るため、20年経っても旅を続け、自分の笑顔を技にみんなの笑顔を守り続けているのでしょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク