シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

魔進戦隊キラメイジャー エピソード11 本気でやったって言えるの?!為朝の本気は時間ループをも射抜く底力を見せつけました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ついに新エピソード来ました!

そして、面白いかった!

ループもの、結構ありきたりのようで、

結末が難しいかなと思いますが、

また新たなパターンの展開で良かったですね。

リセット邪面は、敵の攻撃パターンを覚えるまで負けたらリセットを繰り返す恐ろしい邪面師。

為朝が運悪くそのループを繰り返すことになり、その地獄に心が折れかけるが、

結論は瞬殺し続ければ、強くならない!

ので、ひたすらそれを繰り返すというもの。

どんな精神力してんだよ!

まあ、リセットを自らの意思でしているんだから、相手の心を折れば、リセットしなくなるというのは理解できますが。

eスポーツのライバル川田との邂逅も良かった。

あの呪いは思わせぶりだったが。

舐めプは人を傷つけるってことですね、覚えておこう。

またまた影の功労者、充瑠の存在。

観察眼が良い上に、ヒラメキで事態わかってなくても的確にアドバイスできるって凄すぎない?

為朝が普段は全力を出してないって前々から思ってたのかな?

何気にリーダー能力がチートな充瑠君でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

エピソード11「時がクルリと」

脚本:井上 テテ
監督:渡辺 勝也

@ストーリー感想

リセット邪面。

能力が恐ろしすぎるけど、対キラメイジャーに特化していて、人間の恐怖をどう集めるつもりだったんだろ?

時間ループ地獄に心が折れかけるキラメイイエロー。

他のメンバーが陥った時にどう対処するかも見たかったかな。

「為君は本気でやったと言えるの?!」

なぜそう的確に思えたのか不思議ですが、

この充瑠の言葉で為朝は解決の突破口を見出す。

ライバルの川田に、得意キャラで全力で挑む為朝。(キャラはKAZUYAでした)

これで心置きなく実家の蕎麦屋を継ぐ決心ができたと川田。

勝負の世界の厳しさと残酷さ、勝者が背負っていく想い等が垣間見えました。

邪面獣も瞬殺!

そもそも顔にデカいボタンを配置する意味がわからないけどね…

ゲート潜ったら、即発射にすれば良かったのでは?!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク