シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

超獣戦隊ライブマン 23〜24感想 コロンに目覚めた時、夢を諦めない熱い想いを忘れた時、トーテムポールを見に行きたい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

いつも思うけど、ライブマンは1話1話が毎回濃いし、面白いです。

ほんと、この時期に見られて良かったと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

23「コンマ1秒に賭けた命」

放送日:1988年7月30日

脚本:曽田 博久

監督:長石 多可男

コロン大活躍回!

というかエモい回でした。

この回で新たな境地に目覚めたお友達も多いとか。

人間もロボットも関係なく、恐怖に立ち向かい打ち勝つ気持ちが大切だと教えてくれました。

それにしても勇介は頑丈だわ。

普通の人間のはずなのになぁ。

あんなに斬られて重傷のはずなのに、

ほとんど休み無しでケンプを退け、ケンヅノーに競り勝つとか。。。

ケンプと頭脳獣ケンヅノー、ギカゾメタルで造った凶剣。

でもやっぱり爪が甘いケンプ。

めぐみに襲いかかる時が1番輝いていたなぁ。

勇介の危機に自ら身を犠牲にして守るコロン。

ただ、基地にいて、数字を伝えているだけじゃないのよ!

その想いで勇介は迷いや恐怖を振り切りケンヅノーに勝利する。

お詫びのつもりで、バイクに乗せてあげるところが勇介の良いところ。

コロンに嬉しい!とか言われると照れるわ…

24「遊んで百点が取れる?!」

放送日:1988年8月6日

脚本:藤井 邦夫

監督:東條 昭平

なかなか名エピソードでした。

「落ちこぼれ」というワードが飛び交う中、

勇介が純に言葉とそして行動で示す流れは胸を打ちました。

ほんと勇介は可愛げがあって熱く、子供のヒーローだなぁ…

楽して成績が良い→怠け者になる→家畜になる。

滑稽に見えるけど、あなごち今も続くこの社会を風刺しているんだよね。。。

努力を無駄じゃないと言い切れる大人に、

今自分がなれているか?

勇介に教えられます。

このオーバーヘッドは激アツでした!

というか素面で戦う時間長い上に、

普通の人間の身体能力を大きく超えていると思うのですが…

これで、科学者だってんだから、超人ですよ、この人!

コツコツ努力した証として立てたトーテムポール。

その志を忘れたときに見に来ようって、

なんて素敵な大人たちだろう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク