シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダー(新) 第11話感想 マヌケすぎて憎めないぞ、サンショウジン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

サンショウジン良いキャラだったなぁ。

世界の要人を世界少年スポーツ大会にかこつけて暗殺しようという作戦は、

回りくどくてネオショッカーらしい作戦だけど、

人選失敗してるよね!

うっかり自分で地雷踏むは、

まだ作戦中なのに酔い潰れてライダーの侵入を許すは、

アリコマンドに蹴られるは、

超ドジっ子ですやん!

特訓場所がなぜ地獄谷という秘境にしたのかも謎。

拐わないで、それっぽいスポーツクラブにして裏でそういう計画を進行しておけば、仮面ライダーにバレなかったのに…

やはりこの失敗は昇進してどんどん無能になっていくゼネラルモンスターの責任では。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第11話「サンショウジン!地獄谷の脱出」

放送日:1979年12月14日

監督:山田 稔

脚本:江連 卓

ネオショッカー怪人サンショウジン

憎めないドジっ子怪人でした。

いつも思うけど、このモニター越しに怪人が映ると、遺影に見えてしまう。。。

特訓用に仕掛けた地雷(しかも地面に置いてあるのに)を踏んで吹っ飛ぶサンショウジン!

思わず、ウオォーイ!(為朝か)

毎度のライダーブレイクの迫力たるや!

スカイライダーの代名詞ともいえる技!

というか名シーン!

無事、拐われた子供達を救出した筑波洋。

地獄谷から町まで降りる方が大変だったと思うので、ご苦労様でした。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク