シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダー(新) 第35話感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

もうサイコーじゃないっすか!

エンターテイメントとしても、

ヒーローものとしても、

王道中の王道。

ベストオブ王道です!!

脚本もカメラワークも構図も圧倒的に燃えましたね。

何だろうなぁ、何でだろうなぁ。

昔の方が面白い!

とか昔はこうだ!今はこうだ!

という気はないんですが、

改めてシンプルでわかりやすいんですね。

ライブマンだって、キラメイジャーだって、

シンプルでわかりやすい中で最高を尽くしてるのが伝わるから、引き込まれるんですよね。

スカイライダーは正直初期より面白みが増してます。

まあそもそも魔神提督の在り方が好きだからなぁ。

…全くストーリーには触れないですが、見れば面白いってわかりますので。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第35話「風見先輩!タコギャングはオレがやる!!」

放送日:1980年5月30日

監督:平山 公夫

脚本:土筆 勉

2人が通信しながら出会った際に、

「なおこさんを攫われてしまった、スマン!」

と素直に謝るV3に萌えた。

人気だから、先輩だから、

それでも自分のミスを自ら謝るV3は、

やはり偉大な先輩仮面ライダーだと心で理解しました。

だから、全ての人が憧れるヒーローなんです。

魔神提督とスカイライダーの初対決ではなかろうか。

ある程度で逃げる選択をしたということは、スカイライダーを倒すのは容易ではないと冷静に判断したからではないだろうか。

慎重かつ臆病者だからこそ、優秀な指揮官ともいえる。

引き際が潔いのは名将の証です。

…詰めは若干甘いのですが。

さりげにナオコを病院に送り、ナオコの心理状態を鑑みてカサブランカに連絡を入れておくとか、細かい気遣いが素敵過ぎる!

出過ぎず、先輩風も吹かさず、ミスはしっかり謝り、サポートに徹する。でも決めるところはしっかり決める。

風見志郎、漢だぜ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク