シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーディケイド 第5話感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

何気に続けられてるクロニクル。

息子と入る風呂の習慣にのせれば、着々と続けられますね!

第5話 「かみつき王の資格」

放送日:2009年2月22日

監督:金田 治

脚本:會川 昇

キバ編の後半は、今見返すとかなりグッと来るものがありました。

当時はキバ本編とかけ離れていて全く受け入れなかったのですが、

これはこれで良いストーリーでした!

王となることへの不安と葛藤を持つワタルと、

自分と似ている境遇に共感し、友として接するユウスケ。

そして、息子を案じ過ぎて、敵となってまで道を示す父親(ビートルファンガイア)。

ディケイドはいつものようにその様を見て、あり方を相手に、そして視聴者に問う!

これも本放送時は、

「ディケイド楽してるなー」

とか思ってたのですが、

そもそも門矢司は記憶もなく、

誰かとの思い出もなく、

友や寄り添う人もいなかったので、

誰かのために何かをするということを考えたことすらなかった。

ライダーの世界を巡ることで、そこで起こる人々の感情や想いを感じ、そして繋いでいく、、、

それがディケイドだということなのか!

初めてディケイドがわかってきたかもしれない。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

@今話の3つのできごと

やはり草加雅人のカイザはこの仕草がないとはじまらない!

ビートルファンガイアが

ガルル、パッシャー、ドッカを取り込んでキバに変身することでドカバキフォーム推参!

本編でも1度きりのレアフォームが敵の手で再現されるとは!

「わたしはまだあなたの友ですか?」

孤独な少年が勇気を振り絞って問う言葉に、

優しい眼差しで答えるユウスケとのやりとり。

思い出すたびに目頭が熱くなります。。。

ちょっとくすぐったいぞ!パート2!

キバのファイナルフォームライドは、弓矢タイプのキバアローでした。

うーん、仮面ライダーが武器そのものになるとかほんと斬新でした。。。

「息子は立派な王になれるだろうか。。。」

最後まで息子を案じるファンガイアの父に、

紅音也の名曲をレクイエムに最後まで見届ける門矢司。

この最後の演出まで丁寧に描かれていてほんと良かった。

キバ本編でも父と息子の絆の強さに何度も涙しましたが、

パラレルワールドで設定も違う中でも、共通点が垣間見えて良き脚本です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク