シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダー(新) 第27話感想 唐突だぞ、8人ライダー集合!ネオショッカーの作戦が相変わらず秀逸で感服しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

すげ〜豪華な神回全編でした!

この話の直前に公開された映画

「仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王」

の撮影と並行してたためか、

8人ライダーに復活怪人二世部隊が全面対決の様相を呈するという映画のような絵面に感動しました!

そして、ネオショッカー、および魔神提督の侵略作戦が秀逸過ぎて、ワクワク・ハラハラが止まりません!

バリチューム弾は、あらゆる物質を溶かしてしまう殺傷兵器にて、街を丸々壊滅させる威力…

ってほんとに壊滅させたんですね!

100万人都市に見える程の街並みを瓦礫の山にしてました、冒頭から。ヤベェヨネオショッカー

ヒルビランはその砲弾を積んだ戦車を駆り街を蹂躙し、

そして、いつの間にか編成した怪人二世部隊(復活怪人?)に、

大首領から直々にキリマンジャロから派遣された地球怪人最強のグランバサーミーの登場!

このすぐにでも地球征服してやるぞ、部隊は!

グランバザーミーのマグマ噴出作戦とヒルビランのバリチューム弾の2面作戦。

さらに邪魔な仮面ライダー筑波洋を誘き寄せて、落とし穴+拘束+ヒルの毒液の三重奏で封じ込め、作戦を円滑に進めようと遂行。

素晴らしい、素晴らしいよ、魔神提督!

7人ライダーが来てなかったら、日本どころか世界も滅亡の危機でした!

これでもか!のてんこ盛り要素の中にも唸らせる仕掛けを散りばめるのがスカイライダーの面白い部分です。

敵の作戦に穴がないもの。

そして、それを打ち破る仮面ライダー側の展開にもそこまで破綻なく無理がないので、満足感が高いですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第27話「戦車と怪人二世部隊!8人ライダー勢ぞろい」

放送日:1980年4月4日

監督:山田 稔

脚本:田口 勝彦

「よく来てくれた、みんな!」

この並びが好き!

全員の顔を1画面に映したい!という撮る側の意図がすごく感じます。

驚異的なエンカウント率と

恐らく筑波洋がきっと電波で連絡したから来てくれた!に違いない。。。

それか筑波洋の意思に関係なく、ライダーそれぞれの状況が伝わる思念波を感じ取って来てくれたんだよ!

…きっと!

ヒルビランをオーバーキルで粉砕した8人ライダーの前に、グランバザーミー率いる怪人二世部隊が宣戦布告!

すげぇわ、この展開!

最終決戦ばりの熱い描写でした!

そして、次話が伝説のライダー地獄のイジメ特訓、強化スカイライダー回!

楽しみです。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク