シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 48話感想 レンゲルも倒れる!世界崩壊まで待ったなし…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

まさに世界終焉を強く予感させる回でした。

クウガの最終話前でもありましたが、ホント絶望感しかない展開ですね。

ジョーカーが勝ち残ったことで、モノリスが世界をリセットすべく大量のコックローチアンデットの量産し続ける。

頼みの仮面ライダーもブレイド、レンゲルだけど、無限に湧いてくるコックローチに徐々に精神的に体力的に追い詰められていく。

やはり、最終的には物量が全てにおいて圧倒するんですよね。

ジョーカーが勝ち残っても相川始なら抑え込めると信じていたが、、、

レンゲルも倒れ、いよいよ頼みの綱はブレイド=剣崎一真だけとなる。

ジョーカーを止めたいが相川始を封印したくはない剣崎一真がどうするのか?!

最終回は誰も予想出来なかった結末に、、、

そして、18年後に続いていく……

さあ、最後にまで見届けるぞ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

48「滅びへの序章」

放送日:2005年1月16日

監督:長石 多可男

脚本:會川 昇

レンゲルこと上城睦月は、拗らせ過ぎてて、正直リアタイ時は好きになれませんでした…

が、今見直すと高校生なのに仮面ライダーという宿命を背負わされ、

しかもニゴリーエースに操られて迷走しながらも、

辿り着いた答えは仮面ライダーとして最後まで戦い抜いた勇者でした。

それぞれの彼の移り行く心情が、シナリオとして書かれ、各名監督にしっかりと描写され、北条さんがしっかり体現してくれてました。

やはり特撮は、仮面ライダーは、何度見ても、見るたびに深い味わいが滲み出てくるなと。。。

最後まで諦めない、強い、勇気をありがとう!

睦月!

スポンサードリンク
スポンサードリンク