シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

RIDER TIME 仮面ライダージオウVSディケイド/7人のジオウ!Chapt2感想 真のソウゴを決める戦いとな。まだまだ続いてほしい世界観ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

あぁ、完全に井上敏樹ワールドにどっぷり浸かったぁ…

むしろ仮面ライダーの戦いとかどうでもええわ。

このメンバーでのわちゃわちゃ観てるだけで、ただただ幸せです。。。

Chapter2「戦争前夜」

放送日:2021年2月9日

監督:諸田 敏

脚本:井上 敏樹

とりあえず、世界観だけおさらい。

ウォズの話から察すると、

ジオウの世界線に対していくつかの並行世界が融合して、荒野の世界に常盤ソウゴが6人、最終的に7人が存在することになり、

門矢司のセリフから、その中から真のソウゴを決め、オーマジオウの未来に繋げていく儀式?なのかな?

…まあ、動機付けはどうでもいいや。

いくつか伏線を張ってるような描写があるけど、きっとそんなに深い意味はないんだろうな、きっと。

タイムジャッカー3人も記憶をなくして、先生と生徒に紛れているのも、、、

きっと、、、

それより、ウールとオーラがここまで魅力的なキャラにしてくれたことに感謝!

もちろんスウォルツも補完計画Ver.全開なのが尊いし。

奥野壮が7役やる中で、それぞれのキャラを擁立してるのが、見応えあるね。

1人何役かやるお芝居はほんと難しいんじゃないだろうか。

普通のドラマではあまり見かけたことないし。

東映特撮ならではですよね。

次がラストになるけど、結末はどうなっても、楽しいことには揺らぎないので、待ち遠しいです!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク