シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダージオウ EP11感想 全部一人で解決するのが、君の考える王様なのかい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

鎧武編・オン・ステージ!

(意味わからん)

いゃ〜面白いです、です。

この辺り記憶がちょっと薄れてきてたこともあって、見返すとめちゃめちゃ面白い!

構成がある意味結論から始まるのも斬新だし、

3日後のソウゴが何故か関わってくる、

とか、

もう何だ、なんなんだ!

っという一種の混乱を覚えるくらいの展開。

そして、葛葉紘太=始まりの男が初っ端から登場!

この辺は仮面ライダー鎧武のオマージュしていて、ファン心をくすぐります!

そして、駆紋戒斗が迷えるゲイツを導くため現る!

え?!

5年間もヘルヘイムの森で生き抜いてきたの?!

凄ない?

凄すぎない?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

EP11「ジオウ・オン・パレード2018

放送日:2018年11月18日

監督:上堀内 佳寿也

脚本:毛利 亘宏

冒頭か、鎧武アーマーを纏うジオウ。

変身シークエンスから、

フォルムまで、

武者×オレンジ×派手=良き!

始まりの男演出が、マジ神演出。

もう存在的には全知全能レベルなんだけど、、、

根本のベースは、葛葉紘太だから、面白い!

タイムジャッカーは今まであえてスルーしてました(今後盛りだくさんなので)が、

この演出が謎過ぎて思わず。

この舞姫達はいったい…?

ヘルヘイムの森で5年も生き抜いてきた駆紋戒斗!

当時より精悍な感じになり、まさしく本編からずっとヘルヘイムを彷徨いジオウの世界に辿り着いたような気がしました。

ツクちゃんが可愛過ぎた一幕。。。

「ねえ?なんでそんなに詳しいの?」

「アナザーガイムを倒すためのライドウォッチを持っているって言ってたでしょ?」

「あんた、なんてことしてくれたのよ!!」

ツクちゃんが躍動した回でしたー!!

ジオウ並び立つ!!

いやいや、立たねえわ!

これが成立すると仮面ライダー電王の時の設定が崩れ去りそうな…

まああれはイマジン側の問題だったから、良いのかな…

2人のソウゴ。

1度同一人物を同じ画面に入れてみたいな…

呑気に掃除に励む葛葉紘太。

イケメンなんだけど、、、

このカットいるのか?

(いるか…)

スポンサードリンク
スポンサードリンク