シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

キン肉マン第315話感想 壮大な神々との戦いが始まる。カピラリアの欠片を巡って超人界が今1つになる…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

壮大です、壮大な話になってきました!!

やはり神々との戦いが焦点になり、属性関係なく全超人がそれを迎え打つという図式に。

さらに、カピラリアの欠片を巡る争奪戦となり、ザ・マンの1つの他に、邪悪五大神もそれぞれ持つという展開に。

良い、良いですよ!

またまたワクワクする展開に発展してきましたね!

キン肉マン第315話 ソルジャーの決意表明 !!の巻

@前話までのあらすじ

ジャスティスマンに導かれ、ザ・マンの御前にたどりついたキン肉マンたち。超人を守護する立場だったザ・マンは、オメガの民を迫害するどころか、実は殲滅から救っていたのだった…。しかし、結果的に不孝な歴史を背負わせてしまったことを正式に謝罪。アリステラもまた慈愛の神の名に恥じないザ・マンの慈悲に心から感謝し、ここに歴史的和解を果たす!
これで真なる敵が”調和の神”だと判明した一方で、超人を死滅させる恐怖の光=カピラリア光線を照射するための欠片(ピース)を、108人の神々が各々保管しているという新事実が発覚。そして、ザ・マンもその欠片(ピース)を所持していた――――!!!

@

今回の騒動を自分達の手で解決したと讃えられたが…

キン肉アタルは自分達の未熟とし、ザ・マンにしっかりと決意表明をする!

満足気に微笑むザ・マン及びジャスティスマン。

そして、今後の相手は神々だと断言する。

この宣言、結構衝撃の事実かつ絶望的な宣言ですね。

神々と戦うとか…

ちょっと、なに、言ってるか、わからないっす…

怖気づくキン肉マンに、颯爽と意思を示す強者2人の超人。

そう、ネプチューンマンとネメシスの両雄。

何と頼もしい方々なんでしょうか。

ここの邂逅の場面が良き。

特にネメシスとアタルのやり取りはなんか…良き。

この流れ、このタイミングで、両者が初めて会ったからこそ、この会話が生まれるわけだから、感慨深い。。。

この戦いに敗れる=超人という種が消え去るということを断言される。

属性を超えて超人全体が神々を迎えうつために、超人墓場を専守すれば…

というわけにはいかず、他にも5つもカピラリアの欠片が地上に存在するという。

なんと、邪悪五大神もそれぞれ持つという!

なんか壮大かつ邪悪とかサタンとか悪魔とかなんだったの?という展開に!

@神々との闘いが始まる!

衝撃の事実と展開にワクワクが止まらない。

今までの展開がある程度、回収された感じですね。

ザ・マンが、

弟子達10人を自分を超える超人を目指させたのも、

超人墓場を作り全ての超人を管理しようとしたのも、

超人が変に荒れ出したときに粛正に乗り出すのも、

全て調和の神への対抗だったということですね。

確かに彼は全ての超人の恩人ですね。

ただ、その過程で、

オメガの民を追放したり、

完璧超人への道程が険しく、超人閻魔に閉じこもったり、

弟子の金・銀が愛想尽かして出ていき、正義・悪行超人で永きに渡る闘いが続いたり、

ってなのも、来たる日に備えた超人達の覚醒を促すためだったんですね(白目)

そうであれば、完璧超人始祖達の壊滅は痛かったと思います。

彼らはザ・マンの目をさまさせるために散っていったようなものだし。

それにしてもこの展開だと、様々な展開に妄想が膨らみます。

やはり神々に対抗しなくてはならないので、

邪悪神と手を組むことになるのか?

となれば、運命の5王子も再登場し、そのチームメンバーも…

マンモスマン、プリズマン、サタンクロス、パルテノン、バイクマン、キング・ザ・100T、ミスターVTR、、、

まさか、フェニックスとアリステラがタッグを組むとかも!

そして、待望のロビンマスクの復活をををーーー

今度こそ、リアルマッスルブラザーズも見たいし、アタル×ネプチューンマン、アタル×ネメシスとかーーー

うーむ、妄想が止まりません。

とにかく、次回や。

次回を座して待ちましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク