シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダー(新) 第16話感想 スカイキックが効かない?!強敵ゴキブリジンにまさかのあの男が…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

イェァー、おウゥーい!

ゴキブリジンは勝ってたんじゃないの?

何してくれてんのヤモリジン!!

っというかゼネラルモンスター!!!

仮面ライダーのキックのパワーを分析し、それに対抗できるボディに改造したプロフェッサー・ドクが凄い!

ゴキブリジンのゴキブリで東京を破壊し尽くすという作戦もなかなか。

でも、筑波洋の脅威のエンカウント能力の前では、すぐにバレてしまう…

仮面ライダーの1番脅威の能力だな。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第16話「不死身のゴキブリジン Gゼネラルモンスターの正体は?」

放送日:1980年1月18日

監督:山田 稔

脚本:伊上 勝

大首領からの贈り物は、赤い目玉。

それは最後通告の意味を持つ。

この通告が吉と出るか凶と出るか。

…だいだい上手くいかんのだが。。。

優秀な科学者プロフェッサー・ドク。

現時点での最強怪人を作り上げる。

この人は改造人間なのかな?

それとも悪に忠誠を誓う人間なのか?

現時点での最強怪人ゴキブリジン。

ライダーキックに耐えるのは強さの尺度がわかりやすい!

そして、移動はゴキブリよろしくコミカルに素早い!

仮面ライダーをあと1歩まで追い詰めたけど。

まさかのゼネモンに足を引っ張られるw

彼の弱点はマント!

っとライダーは言っていたが、

マントで隠していた背中ということか?

それにしては、トドメのライダーキックは正面から受けて爆散していたが。

最後はちょっと謎が残った。。。

急遽現れたヤモリジン!

自らゼネラルモンスターだと明かす。

そして、乱心したかのように、ゴキブリジン共々仮面ライダーを攻撃する。

完全に勝負の邪魔をし、ゴキブリジンの弱点をライダーに知られる隙を作ってしまう。

やはり、日本のみ作戦が進行しないのは、

ゼネラルモンスターの無能さ故だと証明してしまった!

次回はゼネラルモンスターの最後の戦い。

彼の勇姿をこの目に焼き付けますか…

スポンサードリンク
スポンサードリンク