シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仮面ライダーゼロワン 第44話 アーク同士の最終決戦へ!それでも飛電或人が夢に向かって飛ぶことを信じます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

ラストまで、この2話。

杉原・高橋両名の集大成!

しかと見届けます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第44話「オマエを止められるのはただひとり」

脚本:高橋 悠也
監督:杉原 輝昭
アクション監督:渡辺 淳
特撮監督:佛田 洋

@ストーリー感想

結果的に或人と滅の遺恨の戦いは、

そのまま人間vsヒューマギアの全面戦争につながる戦いそのものがバッドエンド。

それでも、戦地に向かう或人。

不破諌が、亡が止めようと説得するが、、、

「取り返しのつかないことをしてしまった、もう元には戻れない」

或人から聞きたくなかったセリフを吐き、聞く耳持たない。

亡が

これまで信じてきたヒューマギアを裏切るのか!

と叫び、諌にジャパニーズウルフキーを託し、

諌は、その思いを受け止め、

オルトロスバルカンへ強制変身!

諌と亡、かつて強制的に同居?していた2人が、

お互いを認め、志を共にし、1つの意思となり仮面ライダーとなる。

何というカタルシス!

そして、暴動を起こすヒューマギア達へ、

福添副社長が土下座をして、飛電或人を信じてくれ!と頭を下げ、

刃唯阿が、ヒューマギアは道具ではない、と「A.I.M.S」の武装を解き、傷つけたヒューマギアの肩に手を置く。

或人が今まで伝えてきた夢を、受け継ぎ、その夢を信じる仲間が行動に移す。

必ず飛電或人は還ってくると信じて。

こんなに切ない最終決戦になるとは。

でも見届けます。

其雄もゼアに現れ、或人を導いたはず。

ゼロワンのハッピーエンドをしっかり見届けます!

【プレイバック】

この悪意と罪悪感がまとわりつく描写をアズと或人で描写するシーンは、美しく、残酷なまでにリアルで、ゾッとしました。

チップ内データを消去され変身不能となった不破諌に、ジャパニーズウルフのゼツメライズキーにて強制上書きし、変身へ。

理屈じゃねえ、想いの強さがこの奇跡を起こす!

オルトロスバルカンに変身!

惜しむらくは、02との戦いではなく、アークとの決戦で戦って欲しかったが…

ヒューマギア達の前で土下座する副社長達。

このシーンへジーンときました。

シェスタもシンギュラリティに達し、自分の意思で頭を下げたというのが、さらにグッときました!

自分を殴りつけたヒューマギアへ優しく微笑み、肩に手を置く刃唯阿。

彼女も上司に散々振り回されて、

それでも飛電或人、そして、不破諌に影響を受け、変わった1人。

ヒューマギアは道具ではないと言い切るセリフ、胸に刺さった!

杉原監督のアニメのような戦闘シーンが本領発揮!

最終回前にゼロワンとバルカンの決着も撮りたかったのかな…

答えはわかっているが、もう戻れないと悩む或人の前に、父の其雄がゼアに現れる。

その手にはゼロワンドライバーが。

彼は何を或人に伝えたのか。

ついに最終決戦が幕を開ける。

悪意にまみれた滅は、アークスコーピオンと変貌を遂げる。

悪意に満ちたその意匠は、聖戦とは程遠く。。。

アークワンvsアークスコーピオン、

アーク同士の最終決戦は、全世界に悪意をばら撒く。

さぁ、見届けましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク