シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

仮面ライダーセイバー 第4章感想 セイバー3冊挿しでパワーアップ!デザスト、仮面ライダーカリバーの登場でどうなる?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

早くも4話で3冊同時使用!

闇の剣士動き出す!

のスピード展開でした。

ストーリーもどんどん事実が明らかになってきて、整理するのが大変だな。

1つの軸となるソードオブロゴスを裏切り闇の剣史となった仮面ライダーカリバーの思惑。

今話において、火炎剣烈火とブレイドドラゴンのワンダーライドブックの入手であると明らかになる。

そして、それらは両陣営においても15年前に起きた事件とともにキーアイテムとなるようです。

…情報量の割にはまだまだ謎が多いわ。

そして、相変わらず戦闘シーンが秀逸です。

ただ単純にCGを増やしてるだけでなく、現場における工夫を最大限発揮してのあのエフェクトだからさらに臨場感が増します。

そして、戦闘シーン以外の会話のやり取りやセリフの描写でしっかりそれぞれのキャラを深掘りしていくのも見逃せません。

特に、飛羽真は「約束」というキーワードで、メイちゃんはリアクションを表情で、短い時間でもしっかり表現されていて好感持てますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第4章「本を開いた、それゆえに。」

脚本:毛利 亘宏
監督:中澤 祥次郎

@あらすじ

15年の封印が解かれたメギド・デザスト。

仮面ライダーバスターとの戦闘は、15年前の因縁もあり、熟練同士の緊張感溢れるシーンにワクワクしました。

なるほど、ただ能力や新フォームでがむしゃら戦う新米ライダーとは違った実力者同士の読み合いの戦いも見られるということか。

良いね〜!

ライドブック3冊を使用して仮面ライダーセイバードラゴンヘッジホッグピーター誕生!

まだ、ライドブックの力の重要性が分からなくて。

メギドの力や特性を分析していくのは良いんだけど、それにライドブックの能力を上手く当ててとか…

そういう戦略性を求めちゃうのは仮面ライダーオーズが好きだからだろうか。

まさか、妖精さんが現役プロレスラーの才木玲佳選手とは。
一瞬、分からなかった…

そして、クルーズラインじゃなく、ジャンピングネックブリーカードロップとは…

…くすぐりますね。。。

仮面ライダーカリバー登場。

闇の剣士、ロードオブロゴスの裏切り者、肩書きがある中で、まだ因縁や強者感が伝わらず…

今後の動きに注目していきましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク