シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

海賊戦隊ゴーカイジャー 51感想 そして次なる夢へ。デッカい夢は無限大です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

多幸感をありがとう!

海賊戦隊ゴーカイジャー!

あー、なんか駆け抜けたなぁ。

8年ぶりに見返すとゴーカイジャーを通して、まだまだスーパ戦隊のことを知らないんだなと。

でもこの作品がまた過去と現在、そして未来をつなぐ大きな節目の作品であるのは間違いないですね。

って、もう後2年で10 years afterなのか…

時が経つのが早すぎる。。。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

51「さよなら宇宙海賊」

放送日:2012年2月19日

脚本:荒川 稔久
監督:竹本 昇

ゴーカイシルバーこと伊狩凱。

彼が地球人としてザンギャックの皇帝 アクドスギルを倒すと言ったことが、この結末につながった。

本放送当時より、もっと人物の深みを感じられて強く印象に残りました。

ジョー達4人でダイランドーを相手取る。

ジョーの漢気もさることながら、ズバーンを手にもつ地獄の番犬に狂喜乱舞でした!

ギガントホースにてアクドスギルを追い詰めたマーベラスと凱。

力押しではなく、空間や船の破壊を上手く利用した戦法に感嘆しましたね。

海賊らしい戦りかた!

しぶとい皇帝だが、35組のスーパー戦隊の力を受けてはひとたまりもなかった。

もうゴーカイジャーならではのてんこ盛り具合はぜひ見てください!

海賊としての矜持を崩さないが、地球の宝である子供達の笑顔に笑みが溢れるマーベラス。その背中を追いかける仲間達。

レンジャーキーを地球に還し、次なる夢へ旅立つ海賊戦隊。

見送るレジェンド達の豪華な面々に鳥肌でした。

よくぞ、この超大作を世に送り出してくれました東映様!

また会おう、海賊戦隊ゴーカイジャー!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク