シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【ライダークロニクル】仮面ライダーブレイド 46話感想 天王寺の野望を阻止した4人ライダーの勇姿をその目に焼き付けろ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

最終回か!と思うぐらいの熱量で、

ついにバトルファイトの元凶である天王寺を打ち倒した!

ここは何度見ても熱い!!

46「支配者の封印」

放送日:2004年12月26日

監督:諸田 敏

脚本:會川 昇

ケルベロスと融合、いやそのものとなった天王寺。

彼はバトルファイトを勝つ残り、全ての人間を滅ぼして、自分の思い通りとなる世界を創造するという私利私欲の目的のために、

アンデットの封印を解き、

バトルファイトを裏で操り、

Board創設によるライダーシステムにてアンデットを再び効率良く封印していき、

自身はケルベロスを生み出すという陰謀を進めてきたのだ。

そんな一個人の私利私欲のために、多くの人々が人生を狂わせ、犠牲となり、自分たちの運命を大きく狂わせた天王寺に、

4人ライダーが同時に変身!

激アツの名シーンですね。

一回すれ違ってから、反対方向に走り、反転して走りながら同時変身は、仮面ライダー史上でも最初で最後となる激アツ名シーンですわ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク