シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

爆竜戦隊アバレンジャー 第13話感想 時代を超えた平和への想い!見よ、アバレンオーノコドン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサードリンク
Pocket

ジャッシュ! @Chikafujiです。

さすがの荒川脚本!

まさか過去へ飛ばしたことで未来が変わりエヴォリアンが壊滅することになるとは…

江戸時代から頑張って、その未来になるって確定するとか…

ちなみにアバレンジャーが現代に戻されるとエヴォリアン達が倒される未来はまだ確定しなくなる。

このタイムパラドックス、おもしろ〜

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

第13話「アバレてチョンマゲ!」

放送日:2003年5月11日
脚本:荒川 稔久
監督:渡辺 勝也

@ストーリー感想

えみぽんのご先祖?笑姫、良いキャラでした。

姫でありながら、芯が強く、誰よりも平和を願う優しい人物。

そして、なかなか強い。。。

新たな爆竜ディメノコドンがやっと仲間に。

爆竜コンバインはティラノの尻尾が外れて左腕になるのか!

シンプルにノコギリは強力やね!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサードリンク
スポンサードリンク